MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

「なぜ日本人は投資を恐れるようになったのか」財務省出身のフィンテック起業家ウェルスナビ柴山氏に聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/21 10:00

 次々と登場する新しい資産運用サービス。このコーナーでは、それらを生み出している人や企業にフォーカスし、サービスの背景に迫ります。第1回は、ロボアドバイザーを提供するウェルスナビCEO 柴山和久氏にお話をうかがいました。

ウォール街で資産運用アルゴリズムを開発

 コンピュータプログラムによって資産運用を自動化するロボアドバイザーは、日本でもいくつかのサービスが存在する。中でも急成長を続けているのが「WealthNavi(ウェルスナビ)」だ。サービスを立ち上げた柴山氏のキャリアから話は始まった(インタビューの後半はこちらから)。

――大学卒業後、財務省、マッキンゼーに進んだ柴山さんが、ロボアドバイザーで起業しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

柴山:起業するにあたり、過去の経験はもちろん生きていますが、それが一番重要かというと、そうでもありません。財務省で9年間働いたあと、フランスのINSEADに留学して金融工学を学びました。日本に帰国してマッキンゼーに入り、東京、韓国で勤務したあと、ニューヨークを拠点にアメリカのプロジェクトを担当していました。特に最後の1年半はウォール街に拠点を置いている10兆円規模の機関投資家をサポートし、リスク管理の仕組み、ガバナンスを整え、金融工学の専門家クオンツのチームと一緒に資産運用のアルゴリズム(数学やプログラミングにおいて問題を解くための一連の手順)を作っていました。

ウェルスナビ代表取締役CEO 柴山和久氏東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士。日英の財務省で9年間、予算、税制、金融、国際交渉に参画。その後、マッキンゼーではウォール街に本拠を置く機関投資家を1年半サポートし、10兆円規模のリスク管理と資産運用に携わる。2015年4月にウェルスナビを創業。

ウェルスナビ代表取締役CEO 柴山和久氏
東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士。
日英の財務省で9年間、予算、税制、金融、国際交渉に参画。その後、マッキンゼーではウォール街に
本拠を置く機関投資家を1年半サポートし、10兆円規模のリスク管理と資産運用に携わる。
2015年4月にウェルスナビを創業。

 資産運用のアルゴリズムは数式なので、資産が10兆円でも10億円でも10万円でも500円でも同じです。これまで富裕層、機関投資家向けに提供されてきたサービスを誰でも使えるようにしたい。個人と金融市場をシステムでつなげてアルゴリズムを載せれば、それが可能になるはずだと。金融のプロとしてウェルスナビを立ち上げようと思った一番大きな理由はそれでした。

アメリカの義両親の資産運用に衝撃を受ける

柴山:もうひとつのきっかけは、リーマンショックが起きて、ウォール街に対するネガティブな空気がアメリカ中に漂っていた頃、クリスマス休暇にシカゴにある妻の実家を訪れたときのことです。妻から「ウォール街で機関投資家のサポートをするのもいいけれど、自分たちの家族の資産状況を見てほしい」と頼まれたんです。

驚いたことに義両親はプライベートバンクで資産運用をしていました。プライベートバンクは通常、3~5億円ぐらい資産を預けないと口座が開設できません。話を聞いてみると、彼らは資産が100万円もない90年代に会社の福利厚生でプライベートバンクに口座を作って、ETFを運用していました。

アメリカ社会は二極分化していて、資産を持たない借金をしている層が多い。逆に資産を持っている人の多くは資産運用をしています。OECDのデータを見ると、日本人の個人金融資産に占める現金と預金の割合は52.1%ですが、アメリカでは13.6%です。毎月の収入が入ってくると生活費を払って、住宅ローンを返して、教育費を払って、残ったお金は資産運用に回す。なぜこういうスタイルになるかというと、アメリカでは国や会社が面倒を見てくれるという前提がないからです。一方、日本は国が年金で面倒を見てくれる、会社が退職金で面倒を見てくれるという違いがあります。

――ヨーロッパはどういう状況なのでしょうか。

柴山:ヨーロッパも退職金制度がなく、会社が面倒を見てくれるわけではないですが、国の年金は割と充実しています。個人資産に占める現金・預金の割合を見ると、日本とアメリカのちょうど真ん中ぐらいになっています。

義両親は毎月の積立を25年ほどやっていました。大きな額かつ国際分散投資で、ミドルリスク・ミドルリターン。25年で株と債券を6対4ぐらいで運用していくと、年利平均6%ぐらいになります。プライベートバンクに口座を持てたこともそうですが、資産がないときから運用できていたというのがすごくラッキーだった。一方、私の両親はというと、バブルのころまでは株式投資をしていましたが、バブル崩壊後は預金と保険だけ。退職金で住宅ローンを完済して、残ったお金が数千万円。そして65歳から年金がもらえる。これは恵まれている方だと思いますが、アメリカの義両親の資産と比べると資産に10倍もの差がありました。

義両親は慎ましい生活をしていたので、それだけの資産を持っているとは思いませんでした。しかし、よく考えてみると現役時代には自家用飛行機で別荘に行ったり、私が結婚するときも裏庭で100人ぐらい収容できるテントを張って披露宴を開いてくれた。もし私の両親が若いときに、富裕層と同じようなレベルの資産運用が使えるサービスがあったら、現在の10倍の資産になっていたかもしれない。日本全体ももっともっと豊かになっていたはずだと。このことも、起業しようと思ったきっかけになりました。

富裕層向け資産運用ビジネスとは

――日本人が資産運用を身近なものと感じないのは、サービスを提供する側、利用する個人の側の双方になにか課題があると思うのですが。

柴山:富裕層向けの資産運用サービスは、どのくらいの資産があると受けられるのか。たとえば10兆円あったらマッキンゼーがサポートしてくれる、数億円でプライベートバンクの口座開設ができたりする。それくらいの資産がないとこういうサービスは受けられません。でもこれは金融機関が、顧客を富裕層や機関投資家に限定したいと思っているからではないんです。そこに限定しないと採算が取れない、ビジネスとして成り立たないという事情があります。

プライベートバンカーの仕事は、顧客に会って資産運用の目的を聞き、運用プランを考えて提案し、取引を実行して毎月レポートを書いて報告する。半年に1回リバランスして、積立のお金が入ったらそれを執行する……という作業の繰り返しです。それをひとりひとりの顧客に行います。当たり前ですが投資でミスは許されません。そうすると1人のプライベートバンカーが担当できる顧客は20~30人が限界です。

仮に、プライベートバンカーが年収1500万円を得るためには、コストも考えると2000万円の売上が必要だとしましょう。2000万円の収入を得ようとして20人の顧客がいたら、1人あたり100万円の売上が必要です。資産運用の手数料が1%だとすると1人のお客さんから100万円の手数料を得るにはその人に1億円の資産がないとサービスを提供できない。実際には監査費用、システム費用などが追加でかかってきます。プライベートバンクとしてはコスト回収だけでなく、ビジネスの利益も上げなければいけない。そうなると、顧客の資産が2~3億くらいないとビジネスとして成り立たないんです。

――お金のない人は相手にしないというのではなく、したくてもできないと。

ウェルスナビのアルゴリズムは数式で表現できますが、決してその数式が特別というわけではないし、富裕層が特別な資産運用をしているわけではない。どちらも同じで、あとは経費の問題なんです。ファストファッションのブランドが登場して、デザイン、縫製、店舗での販売まで一気通貫でやることによって在庫コストを下げ、結果、服の値段がこの十数年で半分以下になっている。私がやりたいのは、金融の世界でそれを実現すること。そのときに大切なのは、テクノロジーをどれだけ最大限に活用できるかなのです。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • MONEYzine編集部(マネージンヘンシュウブ)

    株/FX/マネーのお役立ち情報を毎日更新中。あなたのマネーの悩みを解決します。

  • 関口 達朗(セキグチ タツロウ)

    フリーカメラマン 1985年生まれ。 東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。大学卒業後、小学館スクウェア写真事業部入社。契約満期後、朝日新聞出版写真部にて 政治家、アーティストなどのポートレートを中心に、物イメージカットなどジャンルを問わず撮影。現在自然を愛するフリーカメラマンとして活動中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5