MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

自動車保険の満足度、代理店系1位は「楽天損保」、ダイレクト系1位は「ソニー損保」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/19 10:00

 J.D.パワー ジャパンは、「2018年 自動車保険契約者満足度調査」の結果を発表した。

 J.D.パワー ジャパンは、「2018年 自動車保険契約者満足度調査」を実施し、「代理店系(保険代理店をベースに事業を展開する保険会社)」「ダイレクト系(代理店を介さずに、主にインターネットや電話などで契約者と直接契約する保険会社)」の2つのランキングに分けて発表した。

 「代理店系保険会社部門」で1位となったのは「楽天損保(旧 朝日火災)」で、「契約内容/契約手続き」「価格」「保険証券」「顧客対応(代理店)」の4つで最高評価を得た。2位は「AIG損保」、3位は「東京海上日動」。

 一方、「ダイレクト系保険会社部門」で1位となったのは「ソニー損保」で、「契約内容/契約手続き」「顧客対応」「事故対応/保険金支払」の3つで最高評価を得た。2位は「セゾン自動車火災」、3位は「セコム損保」。

 保険会社/代理店から契約者への直近1年間の情報提供量は年々増加し、その種類も広がりをみせている。契約期間中に「情報提供があった」と回答した人と、「なかった」と回答した人の満足度には大きな差があり、特に「加入している保険についてのリスク判断や提案」といった契約者の気づきに関する情報や、「地域の情報、生活に役立つ情報提供」といった付加価値情報の提供が顧客満足度向上に大きく寄与することがわかった。

【調査概要】
「2018年 J.D. パワー自動車保険契約者満足度調査」
実施期間:2018年5月
調査方法:インターネット調査
回答者数:7,780人

年に一回、自動車保険(任意保険)の契約者を対象に実施し、契約保険の内容、契約期間中の自動車事故保険金請求時の対応、各種手続きや問い合わせ時の保険会社・代理店の対応実態や満足度を明らかにする調査。今年で8回目。

満足度の測定では、「契約内容/契約手続き」「価格」「保険証券」「顧客対応」「事故対応/保険金支払い」の5つのファクターを設定。各ファクターの総合満足度に対する影響度をもとに、総合満足度スコアを算出している(1,000ポイント満点)。商品の主な販売方法をもとに「代理店系保険会社」と「ダイレクト系保険会社」の2部門に分け、それぞれの顧客満足度を測定している。

【関連記事】
東京海上日動火災保険、ミニストップとローソンで「ちょいのり保険(1日自動車保険)」を販売
三井住友海上、借りたクルマ専用の「1DAY保険」の契約が300万件を突破
NTTデータ、自動車の「ディーラー マネージメント システム」を提供する独gen-ius社の買収を発表

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5