MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

お金のデザイン子会社、20代・30代向け「お金の健康診断」サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/18 10:00

 お金のデザインの子会社が、若年層とファイナンシャル・プランナーをマッチングするサービスを8月にリリースする。

 お金のデザインが、20~30代の男女400名を対象にした「将来の不安に関する調査」を2017年11月に実施したところ、「お金」について不安を感じる人が、「健康」について不安に感じている人を上回った。同社は、お金に関する将来の不安を抱える多くの人と、アドバイザーになるファイナンシャルプランナーを結びつけるためには、気軽に相談できる場が必要と考え、新たなサービスの開発に乗り出した。

 お金のデザインは2017年11月から12月にかけて、カヤック、CAMPFIRE、JapanTaxiなど6社と「お金の健康診断」のトライアルプログラムを実施。これは、プロのファイナンシャルプランナーが、お金のドクターとして企業を訪問し、独自開発した診断プログラムの結果をもとに訪問先企業の従業員のお金の健康度をチェック。「お金」との向き合い方をアドバイスするプログラムだ。

 トライアルプログラム実施後に受けた関係者からのフィードバックを踏まえて、将来のお金に不安を抱える20・30代をターゲットとした「お金の健康診断」のウェブ版サービスを8月にリリースする。開発については、2017年11月に事業子会社として設立していた「400F」で行う。

【関連記事】
ロボアドバイザー「THEO」を提供するお金のデザイン社、59億円調達
Coinbaseが日本進出を発表、CEOは元「お金のデザイン」COOの北澤氏
若年層で「自分は金融リテラシーは高くない」と感じている人は93%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5