MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

平均年収は1600万円台のTBSがトップ、いまも続く「大手テレビ局=高給」の構図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メディアとしての地位が揺らぎつつあるテレビ局。しかし、従業員、役員の給与・年棒は現在も高い水準にある。

民放キー局の17年度売上高1位はフジ・メディアHD

 今回は、フジ・メディア・ホールディングス(HD/4676)、日本テレビHD(9404)、TBSHD(9401)、テレビ朝日HD(9409)、テレビ東京HD(9413)の民放キー局5グループを様々な角度から比較してみよう。

 全国に系列局を抱える民放キー局は、NHKが先行することが確実視されているネット同時配信や米国企業のネットフリックスに代表される有料動画配信への対応など多くの課題を抱えているのは事実だが、堅調な経営が続いているといっていいだろう。

 17年度の売上高は6465億円のフジ・メディアHDがトップで、以下、日本テレビHD(4236億円)、TBSHD(3619億円)、テレビ朝日HD(3025億円)、テレビ東京HD(1471億円)の順である。最終利益である当期純利益は日本テレビHDが374億円で249億円のフジ・メディアHDを上回りトップ。3位TBSHD(171億円)、4位テレビ朝日HD(158億円)、5位テレビ東京HD(60億円)だった。

土地資産の保有状況

 各グループを代表する地上波テレビ局の売上高は、日本テレビ放送網、フジテレビジョン、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京の順だが、グループ全体の売上高でフジ・メディアHDがトップに立っているのは、不動産事業などテレビ以外の事業の貢献度が高いからだ。では、各グループは土地資産をどのくらい所有しているのだろうか。

 フジ・メディアHDの本社は東京都からの賃借(年間賃借料7億8000万円)のため土地資産の計上はない。ただし、かつては上場していたサンケイビルを子会社化するなど、本社以外に2402億円の価値がある土地を所有していてトップ。日本テレビHDの場合は、本社の土地資産が1000億円強と、5グループ中では最も豪華な本社を所有しているといっていいだろう。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5