MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

NTTインターネット、払込票のいらないスマホを使ったコンビニ収納サービス「マイペイメント」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/24 09:00

 年間10億件利用されているコンビニ収納サービス。しかしそこには大きな作業の負担やリスクがある。NTTインターネットは、スマートフォンを活用したコンビニ収納サービスを開始する。

 コンビニ収納は手軽で簡単で便利な支払い手段として年間約10億件利用されている。しかし、企業は請求書の印刷・郵送コストが負担となっており、利用者は請求書を忘れて支払う機会を逃すことがある。また、コンビニでは請求書(領収書)控えの輸送・保管コストが負担となっていた。

 NTTインターネットは、請求書を紙からスマートフォンに置き換えることで、これらの課題を解消するコンビニ収納サービス「マイペイメント」を7月30日から開始する。

 コンビニは、しんきん情報サービス(2018年7月30日)、国分グローサーズチェーン(2018年9月)、ポプラ(2019年初旬)、2018年度以降にセイコーマートとファミリーマートが取り扱いを開始。ミニストップ、ローソンについても、早期の取り扱いに向け調整を行っている。また、ブラステルが2018年10月から利用を開始する。

 さらにNTTファイナンス、イオンクレジットサービス、ソフトバンクも2018年度の利用開始に向けて、全保連と大和ハウスフィナンシャルは2019年度の利用開始に向けて調整中だ。

 本サービスについては利用企業へ直接提供するだけでなく、利用企業の決済サービスを代行する決済代行会社を介しての提供も行う。三菱UFJファクターが2018年度から取り扱いを開始し、ジャックスが取り扱いを検討中。

【関連記事】
アメリカン・エキスプレス、コンビニでの利用金額の20%をキャッシュバックするキャンペーン
ローソン、スマホのバーコードで公共料金の支払いができるサービス
「dポイント」によるポイント投資サービスの利用者が10万人を突破

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5