MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPayが新決済サービス、「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済は終了へ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/30 08:00

 現在のキャッシュレス決済比率が20%の日本は、2025年までに40%、将来的に世界最高水準の80%にすることを目指している。そんな中、ソフトバンクとヤフーが今年6月に設立したPayPay株式会社が、バーコードやQRコードを使って決済ができる新たなスマホ決済サービス「PayPay」を今秋スタートする。

 このサービスに連携するインドのPaytmは、バーコードやQRコードベースのテクノロジーを開発。3億人以上のユーザーと800万の加盟店にシームレスなモバイル決済サービスを提供している。

 「PayPay」は専用アプリ、または「Yahoo! JAPAN」アプリから利用可能。クレジットカード、電子マネーの2種類から支払い方法を選択できる。店舗側がレジ付近などに提示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る方式(ユーザー読み取り方式)と、ユーザーが提示したバーコードやQRコードを店舗のレジでスキャンする方式(店舗読み取り方式)の2つの利用方法がある。

 PayPayとソフトバンク、ヤフー、Paytmは、ソフトバンクや口座数4000万超の「Yahoo!ウォレット」の顧客基盤を活用した利用者を拡大し、スマホ決済におけるユーザー数ナンバーワン、加盟店数ナンバーワンのサービスを目指す。

 「PayPay」の提供開始に伴い、現在ヤフーが提供している「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済機能は、今後提供を終了(時期未定)し、「PayPay」とYahoo! JAPAN IDを連携させ、「Yahoo! JAPAN」アプリから「PayPay」の機能を利用できるようにする予定。

【関連記事】
日本もキャッシュレス化のきざし? 「QRコード決済」に利用者の9割が満足
UberとVenmoが提携、友だちとのワリカンを絵文字で楽しく
野球場での支払いをスマートに、「楽天ペイ」が観客席での売り子販売で利用可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5