MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

足元から涼しくなるサンダルあれこれ
草履や下駄を今風に、足の形にも配慮

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/05 14:00

 特に夏場になると履く機会が増えるのがサンダル。とはいえ、おしゃれは足元からとの言葉もあるように、求められるのは機能性と見た目だ。今年は日本の草履や下駄をヒントにしたり、日本人の足型を考慮した一品が登場している。

 サンダル「Zori」は、日本の草履をヒントに作られた。人体構造に基づきながらも、ファッショナブルなセンスも併せ持つドイツのブランド「trippen(トリッペン/日本での取り扱いは金万・本社:東京都渋谷区)」の一品だ。ビーチサンダル風だが、随所に独自のこだわりがある。例えば素材は、鼻緒部分などは上質なカーフレザーを、またインソールには吸湿&クッション性に富んだコルクを使用。したがってどんな服装にも合わせやすく、履き心地もなかなかのもの。製作の全行程が手作業となる同商品、カラー展開はブラックやゴールドなど、全4色。価格は2万5,920円(税込)。

 日本の伝統の1足である下駄も、時代に合わせて変化している。本野はきもの工業(大分県日田市)が展開する「Pひーる 女性用下駄(1万9,440円・税込)」と「くりあげた 女性用(9,720円・税込)」は、おなじみの下駄に、形や色のアクセントをプラスし、いま風のアレンジを施した商品だ。前者はアウトソール部分がハイヒールを思わせる形状で、スタイリッシュな雰囲気を醸し出す。後者は、独特の素材、杉材とアクリル樹脂を特殊な接着方法で連結した「光彩杉」を採用。インソール部分と鼻緒のカラーを合わせており、足を入れれば“インスタ映え”しそうなポップな感じが楽しめる。

ギリシャトウ・エジプトトウ・スクエアトウにおすすめソフトクロスサンダル
ギリシャトウ・エジプトトウ・スクエアトウにおすすめソフトクロスサンダル

 一方、日本人の足の形状を考慮した1足もある。「エジプトトウにおすすめ ソフトクロスサンダル(各8,900円・税込)」は、ベルメゾン(運営は千趣会/本社:大阪府大阪市)と大丸・松坂屋の共同シューズブランド「ベネビス」の新商品で、足の指の形状に合わせてデザインしているのが特徴。同サンダルなら日本人に多く、足の指では親指が一番長い「エジプトトウ」でも、つま先は指がはみ出すことがなく、足元の美しさもアップする。このほかに人差し指が一番長いギリシャトウと、親指・中指の長さがほぼ同じスクエアトウにおすすめのサンダルも用意されている。

 猛暑が続く今年の夏は、涼やかさと素敵さが同居するサンダルの出番が例年以上に増えそうだ。

【関連記事】
ちょっと変わった指輪たち、素材がセメントや五十銭銀貨、シャボン玉をつくれる機能など
猫が快適になるグッズやサービス うっとりブラシや、寄付を生み出す「ネコ電気」など
新たな工夫を施した「扇風機」、3Dテクノロジー、「ふわり風」の追求、アロマミスト一体型

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5