MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

SBIホールディングス、平安グループと合弁会社設立、中国のフィンテックを日本へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/10 09:00

 SBIホールディングスは中国の平安グループの子会社と合弁会社を設立。

 SBIホールディングスは、中国平安保险(集团)股份(平安グループ)の完全子会社である安科技术、平安グループの子会社、上海壹账通金融科技(OneConnect)と合弁会社を設立する。出資比率はSBIホールディングスグループ60%、平安グループ40%の予定。

 OneConnect社は2017年12月末時点で468の銀行と1,890のその他の金融機関に、フィンテックSaaSプラットフォームを提供。 具体的には平安グループの顔面の微妙な表情を読み取る技術などの生体認証技術、AI、ブロックチェーンおよびクラウド技術を活用し、金融機関の売上拡大、リスク管理の強化、顧客サービスの改善などに寄与している。同社は、2018年のはじめに香港およびASEAN諸国の銀行にもサービス提供を開始している。

 SBIホールディングスはこの合弁会社を通じて、国内の金融機関などに向けて、OneConnectのサービス導入を推進。あわせて平安グループとの提携により、国内の地域金融機関における中国進出に貢献したいとしている。

【関連記事】
SBIがロシア財閥系イレイェブグループと提携、投資ファンドを共同設立
「この銀行を人に勧めたいですか?」を測る指標「NPS」が最も高いのは「住信SBIネット銀行」
企業のメインバンク1位は「三菱UFJ銀行」、地方で際立つ地銀の強さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5