MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「MUFG資産形成研究所」創設、若年層が資産形成に踏み出せないボトルネックの研究に着手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/03 08:00

 三菱UFJ信託銀行は、家計の安定的な資産形成を促進するため、MUFG資産形成研究所を新設し、活動を開始した。

 三菱UFJ信託銀行は8月1日、「MUFG資産形成研究所」を新設し、投資教育の現場で活かせる実務的な調査研究に取り組む。

 主に若年層が資産形成に踏み出せないボトルネックの研究を行い、その結果を踏まえた、各種コンテンツ制作や金融機関の商品開発等への助言を行うほか、退職世代などへは人生100年時代に向けて、豊かな老後を過ごすために必要な情報の提供を行う。

 研究所のホームページで、定期的に論文・調査研究レポートを公表し、シンポジウムや取引先に向けた講演会の開催、新書発刊などを通じて情報提供を行う。

 研究所のサイトでは「金融リテラシー1万人調査」の概要として、データをもとに投資をしている人としていない人の違いを明らかにした約40ページの資料(PDF)を公開。投資をしていない人が抱いている「投資のイメージ」や、投資を検討または開始したときの動機、ライフイベント、学習・情報収集、インターネットやスマホのアプリと投資の関係性などを分析している。 

【関連記事】
若年層で「自分は金融リテラシーは高くない」と感じている人は93%
資産運用の情報収集・相談は「ネットでやりたい」35%、「店頭」を上回る【日経リサーチ調査】
日本の金融資産100万ドル以上の富裕層は約130万人、家計金融資産の増加率は世界最低水準【BCG調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5