MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

松井証券、価格改善サービス「ベストマッチ」の利用状況を公開、1万2000人超が価格改善を経験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/10 10:00

 松井証券は、今年5月に開始した株式取引の価格改善サービス、いわゆる「ダークプール取引」の効果分析と利用状況を公開した。

 松井証券が今年5月から提供を開始した、株式取引の価格改善サービス「ベストマッチ」は、価格改善を希望する個人投資家の株式注文を東証立会市場へ発注する過程において他の注文とマッチング。東証立会市場と比較して有利な価格での約定機会を提供する、いわゆる「ダークプール取引」だ。

 松井証券の発表によると、このサービスを利用可能な対象者のうち、97%がサービス利用を選択し、7月末時点で、1万2,818人が価格改善を体験している。価格改善した際の改善率は約3ベーシスポイント(100万円あたり300円)となっている。

 システム処理にかかる時間、いわゆるレイテンシーを考慮した約定価格の検証では、東証より不利なケース(※)の出現度合いは、0.1%未満。

 利用者に対するアンケート調査では、「価格改善の頻度や、改善した際の金額をどう感じているか」をたずねたところ、「​どちらも多いと感じる」22%、「頻繁に改善はするが、金額は少ない」32%、「改善機会は少ないが、金額は大きい」10%、「どちらも少ないと感じる」36%となった。

 今後は、サービスレベルを向上させ、機関投資家の注文を現状より多くマッチングシステムへ集めることで、価格改善が生じる取引の更なる件数増、および価格改善率の向上を図る。

※ 東証立会市場と比較して有利な価格での約定機会を提供できるとマッチングシステムが判定処理を行っても、そのシステム処理と東証立会市場における売買価格更新のタイムラグによって、 結果的にその効果が得られない場合がある。これはPTS等を利用したSOR (スマート・オーダー・ルーティング)注文も同様であり、価格改善サービス共通で生じる事象。

【利用者アンケートの概要】
サービス開始から7月18日までに価格改善を伴う約定があった利用者11,388人を対象に行ったアンケートに基づく(回答者数:1,788人)。

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5