MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

GMOクリック証券、テーマ型ファンドを含む7銘柄の取扱スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/23 09:00

 GMOクリック証券は、テーマ型ファンドなど、新たな投資信託7銘柄の取り扱いを開始した。

 GMOクリック証券は、8月18日から、新たに投資信託7銘柄の取り扱いを開始した。今回の銘柄追加では、テーマ型ファンドをはじめ、インド株式やベトナム株式に投資するアクティブ型ファンドなど7本を選定。これによって、同社の取扱ファンド本数は110本となる。

新規投資銘柄(カッコ内は運用会社)

  • iTrust インド株式(ピクテ投信投資顧問)
  • 大和住銀DC 海外株式アクティブファンド(大和住銀投信投資顧問)
  • SBIインド&ベトナム株ファンド(SBI アセットマネジメント)
  • グローバル自動運転関連株式ファンド(為替ヘッジなし)(三井住友アセットマネジメント)
  • グローバル自動運転関連株式ファンド(為替ヘッジあり)(三井住友アセットマネジメント)
  • ベトナム株式ファンド(三井住友アセットマネジメント)
  • 三井住友・中小型株ファンド(三井住友アセットマネジメント)

【関連記事】
丸井グループが証券事業参入、クレジットで投資信託が購入できる「tsumiki証券」を9月スタート
テーマ投資型オンライン証券「FOLIO」が本格始動、アプリを提供
「MUFG資産形成研究所」創設、若年層が資産形成に踏み出せないボトルネックの研究に着手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5