MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

Visaが「Paidy」に出資、日本人の「現金払い」体質を変えるデジタル決済手段を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/23 14:55

 Paidyは、シリーズCラウンドにおいてVisa Inc.からの出資受け入れを発表。両社は、現金払いに依存する日本市場で新たなデジタル決済を提供する。

 PaidyはEC利用者向けに、メールアドレスと携帯電話番号によって瞬時に与信決済する即時与信決済サービス、「Paidy 翌月払い」を提供している。「Paidy 翌月払い」で決済した代金は、翌月まとめてコンビニエンスストアや銀行振込、口座振替で支払うことが可能となっており、2018年8月時点のアカウント数は150万口座を超えている。

 日本は、世界有数のEC急成長市場である一方、現金払いに大きく依存している。PaidyとVisaは、日本の消費者にオンラインとオフラインで新たなデジタル決済を提供するため、戦略的パートナーシップを組み、日本でいまだ主流となっている代金引換払いに代わる、より便利な決済手段を消費者に提供するため、新たな決済サービスの開発に取り組む。

【関連記事】
「現金決済」は日本・ドイツで6割超 貯蓄額は「キャッシュレス派」が「現金派」を大きく上回る
日本もキャッシュレス化のきざし? 「QRコード決済」に利用者の9割が満足
海外旅行での支払い、「カードがお得」と思っているが「現金」で支払う人が半数以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5