MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

多様性と受容性のある企業ランキング1位は「アクセンチュア」、日本企業トップは24位「花王」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/14 09:00

 トムソン・ロイターは、「ダイバーシティ&インクルージョン・インデックス」でランク付けされた、企業の上位100社を発表した。

 トムソン・ロイターは、ダイバーシティ&インクルージョン・インデックス(D&I指数)でランク付けされた、2018年の世界で最も多様性と受容性を備えた企業の上位100社を発表した。この指数の発表は2016年に始まり、今年で3年目となる。

 指数のレーティングは、7000社あまりの企業について相対的なパフォーマンスを透明かつ客観的に測定し、異なる視点での見識を顧客に提供するためにデザインされたトムソン・ロイターのESG(環境・社会・ガバナンス)データによって提供されている。

 上位24社は以下のとおり。1位はアクセンチュアとなった。今年は世界全体で新たに52社がトップ100にランクイン。17社は2年連続でランク入りし、12社が返り咲く結果となった。アジア・太平洋地域(APAC)では、上位100社の中に19社が入った。このうち日本企業は4社で、オーストラリア企業と並んで最多。日本企業で最も上位だったのは24位の「花王」。このほか「三井物産」が52位、「ソニー」が80位となったほか、「東芝」が88位で初めてランク入りした。

D&I指数における上位24社と得点(%)   

1 アクセンチュア 84.25
2 ノバルティス 79.25
3 メドトロニック 79.00
4 ディアジオ 78.75
5 GAP 78.50
6 テレコム・イタリア 77.75
7 ケリング 77.50
8 ナチュラ・コスメティコス 77.25
8 ロレアル 77.25
10 アクシオナ 77.00
10 ブリストル・マイヤーズ・スクイブ 77.00

12 UCB 75.00
12 ロシュ・ホールディング 75.00
14 ウールワース・グループ 74.75
15 ネスレ 74.50
16 マイクロソフト 74.25
17 コルゲート・パルモリーブ 74.00
17 プロクター・アンド・ギャンブル 74.00
17 イーライリリー 74.00
20 HP 73.75
20 メルク 73.75

22 ヘラ 73.50
23 モントリオール銀行 73.25
24 シーメンス 73.00
24 花王 73.00
24 ウールワース・ホールディングス 73.00
24 センプラ・エナジー 73.00

 D&I指数は、同社の情報サービス「Thomson Reuters Eikon(アイコン)」から取得可能。金融の専門家が長期的な投資機会とリスクのスクリーニングの目的に加えて、ジェンダーの視点から投資戦略を強化するための手助けとなる基礎的な多様性と受容性の指標として利用することができる。

 各企業には、「ダイバーシティ(多様性)」、「インクルージョン(受容性)」、「人材開発」、「メディアでの論争・物議(頻度)」のそれぞれの項目でスコアが割り当てられ、4項目にまたがってスコアを得た企業のみ総合スコア(各部門のスコアの平均)が割り当てられる。総合スコアが最も高い上位100社がインデックス構成銘柄に採用される。

【関連記事】
女性管理職がいない企業は48.4%、女性管理職の割合は「今後も変わらない」6割
企業の賃上げ理由「社員引き留めのため」50.8%で最多 止まらない「人材不足倒産」
女性管理職の割合、7.2%に上昇 新入社員の女性の45%が管理職を目指す

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5