MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

野村、スイスの大手プライベートバンク子会社へ出資

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/01 08:00

 野村ホールディングスは、スイスの大手プライベートバンク、ジュリアス・ベア グループの子会社の株式40%を取得すると発表。日本の富裕層の分散投資ニーズに応える。

 野村ホールディングスは、125年超の歴史を持つスイスの大手プライベートバンクJulius Baer Group(ジュリアス・ベア グループ)の子会社であるJulius Baer Wealth Management(ジュリアス・ベア ウェルス マネジメント)の株式の40%を取得することで合意した。

 ジュリアス・ベア ウェルス マネジメントは現在、チューリッヒ本社と東京支店を拠点として、金融商品取引業法上の投資運用業の登録のもと、日本の富裕層顧客に対して、スイスにおける一任運用のサービスを提供している。

 富裕層の顧客を中心に、海外の運用会社を使ってグローバルなリスク分散投資を行いたいというニーズがあることから、ジュリアス・ベア ウェルス マネジメントの一任運用を野村のサービスとして顧客に提供していく。

 出資完了後、ジュリアス・ベア ウェルス マネジメントは、野村ホールディングス40%、ジュリアス・ベア グループ60%出資の合弁会社となり、野村ホールディングスの持分法適用会社となる予定だ。出資は2018年末までに完了する予定。

【関連記事】
日本の金融資産100万ドル以上の富裕層は約130万人、家計金融資産の増加率は世界最低水準【BCG調査】
野村ホールディングス、デジタルアセットのカストディ・サービス提供に向けて共同研究
最も身近な金融サービスは「オンラインバンキング」、その利用率トップは「楽天銀行」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5