MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

SBI証券、iDeCoで34銘柄から選べる「セレクトプラン」発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/04 09:00

 SBI証券は、iDeCo(個人型確定拠出年金)において新プランを設定し、11月1日から受付を開始する予定だ。

 SBI証券は、2005年から提供している現行のプランを「オリジナルプラン」、2018年11月に新たに設定するプランを「セレクトプラン」とし、今後は商品ラインナップが異なる2つのプランからいずれかを選択するかたちになる。

 両プランにおける、諸経費(口座管理手数料、加入時・移換時、運営管理機関変更時の手数料等)は同一。プランの変更は手数料無料で手続き可能となる。「セレクトプラン」は11月1日から資料請求の受付を開始する予定。プラン変更にあたっては、現在加入または運用指図しているプランの資産を全売却し現金化した上で、資産の移換を行う。資産の移換には2~3か月ほどかかる見込みだ。

 それぞれのプランの特徴は以下のとおり。

オリジナルプラン

 2005年のiDeCoサービス提供開始時から10年超の実績をもつプラン。2018年5月に施行された改正確定拠出年金法に基づく商品数の上限を満たすよう、運用商品の見直しを行ったうえで35商品をラインナップとして提供する。

セレクトプラン

 2018年11月1日(木)に導入予定の新プラン。「低コスト」と「多様性」に着目して選定した34商品を提供する。

 顧客が自身で掛金の配分設定をしなかった場合は、所定の猶予期間後にSBI証券指定の運用商品で顧客の資産を運用する。「セレクトプラン」では指定運用商品を「SBIグローバル・バランス・ファンド」に定める。

【関連記事】
ひふみ投信、10年以上継続保有者にはじめて0.4%相当口数を還元
モーニングスター、アマゾン「Alexa」で投資信託約6000本の基準価額情報を提供
楽天証券、iDeCoのデフォルト商品に投資信託を採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5