MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

ひふみ投信、10年以上継続保有者にはじめて0.4%相当口数を還元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/02 12:55

 「ひふみ投信」が運用開始から10周年を迎え、10年以上継続保有している顧客にはじめて0.4%相当口数還元を実施する。

運用開始から10周年

 レオス・キャピタルワークスが「ひふみ投信」を運用開始したのは、2008年10月1日。一貫して主に日本の成長株へ投資することを継続し、2018年9月末現在では、基準価額が52,641円、純資産総額が1,488億円(ひふみ投信マザーファンドは8,394億円)を超え、口座数が 74,747口座の投資信託へと成長している。

 「ひふみ投信」は資産形成の低コスト化を図るため、「買付時」と「解約時」の手数料は無料。信託報酬は年率1.0584%(税込/つみたてNISA対象商品)となっている。

 また、長期にわたる資産形成を応援するため、継続的に保有することで還元が得られるサービス「資産形成応援団」を提供してきた。「資産形成応援団」では、長期的に継続保有している顧客には年数(5年および10年)に応じ、信託報酬の一部を委託会社が還元することによって、信託報酬を実質的に割り引くという仕組み。

 10月1日、「ひふみ投信」が10周年を迎えたことから、10年以上継続保有している顧客に対して、はじめて(受益権口数に係る資産残高の年率)0.4%に相当する口数を還元すると発表した(5年以上継続して保有している顧客には0.2%を還元)。

【関連記事】
楽天証券、投信積立の買付手数料全額ポイントバックするプログラムを開始
SBI・カブドットコム・マネックス・楽天のネット証券4社、投資信託の運用状況を公開、6割超の顧客が運用損益でプラス
アセットマネジメントOneの新しい投資信託、ゴールドマン・サックス社債に投資し、元本確保を目指す

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5