MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

メルカリ、新取締役3人はすべて金融・証券業界出身

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/04 11:45

 メルカリは9月28日の株主総会で、新たに3名の取締役を選出した。

 メルカリの取締役に選出されたのは、青柳直樹、高山健、生田目雅史の三氏。9月28日の株主総会で選任され、同日付で就任した。

 青柳氏は、2002年にドイツ証券会社(現ドイツ証券)に入社。グリー取締役などを経て、メルカリに移籍。2017年に同社執行役員、メルペイ代表取締役(現任)に就任。2018年にはメルペイコネクト代表取締役(現任)に就任した。

 高山氏は、1988年に日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。1999年に楽天常務取締役、2010年に楽天の最高財務責任者に就任。現在、メタップス、リンカーズの社外取締役などを務めている。

 生田目氏は、1988年に日本長期信用銀行(現新生銀行)に入行。ドイツ証券会社(現ドイツ証券)、モルガン・スタンレー証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)、ビザ・ワールドワイド・ジャパンを経て、2015年にブラックロック・ジャパン取締役に就任。現在、東京海上ホールディングス経営企画部シニア・プリンシパルも務めている。

【関連記事】
メルカリ金融子会社メルペイ、法人サービス提供に向けて「メルペイコネクト」を設立
フリマアプリの周辺サービスへの経済効果は、最大で年間約752億円【メルカリ調査】
お金のデザイン、新体制への移行完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5