MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

FOLIO、テーマ投資の新カテゴリ「日本を代表する有名企業」新設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/24 08:00

 FOLIOは、カテゴリごとに「投資テーマ」をラインナップし、テーマを選ぶだけで関連した10社の有望企業に簡単に株式投資ができるサービスを提供している。

 今回FOLIOは、LINEと協業して展開する「LINEスマート投資」の公開を記念して、「日本を代表する有名企業」カテゴリを新設した。このカテゴリでは「業界No.1」「創業百年」「トップブランド」の3つのテーマを選ぶことができる。

 「業界No.1」は、国内で最大のシェアを持つ企業を集める企業、なかでも、普段の生活に欠かせないモノやサービスを提供しているブランドが名を連ねている。選定されたのは、アサヒグループホールディングス/セブン&アイ・ホールディングス/JXTGホールディングス/ソニー/トヨタ自動車/花王/大和ハウス工業/東京海上ホールディングス/東日本旅客鉄道/日本電信電話。

 「創業百年」は、創業から100年以上を経過した「百年企業」がラインナップ。選定されたのは、日清製粉グループ本社/キリンホールディングス/キッコーマン/グンゼ/久光製薬/コニシ/TOTO/島津製作所/パイロットコーポレーション/ヤマハ。

 「トップブランド」は、品質、満足度、信頼性において優れ、だれもが知っているブランドを持つ企業が集結。選定されたのは、キッコーマン/ヤマトホールディングス/日清食品ホールディングス/オリエンタルランド/ソニー/トヨタ自動車/アシックス/キヤノン/ヤマハ/任天堂。

【関連記事】
「LINE スマート投資」スタート、スマホで少額「テーマ投資」を可能に
FOLIO、投資テーマに「キャッシュレス」「全固体電池」を追加
GMOクリック証券、テーマ型ファンドを含む7銘柄の取扱スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5