MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

AIG、台風など大規模自然災害による損失15億~17億ドルの見通し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/21 14:00

 日米を襲った台風などの影響で、アメリカン・インターナショナル・グループ・インク(AIG)は、決算発表を前に損失の見通しを発表した。

 AIGグループは80以上の国や地域で保険事業を展開しているが、10月18日、AIGは大規模自然災害による損失見通しを決算発表に先立ち発表した。2018年第3四半期の再保険金受け取り後の税引前の大規模自然災害による損失は、約15億ドルから17億ドルになる見通しだ。

 この損失は、台風21号と24号を含む日本における複数の自然災害を中心に、ハリケーン「フローレンス」の影響や、カリフォルニアでの土砂災害の損失見込の更新による影響を受けたもの。

 結果として、再保険金受け取り後の税引前の大規模自然災害による損失は、日本とアジア地域における複数の自然災害に関して約9億ドルから10億ドルとなり、北米の自然災害に関しては約6億ドルから7億ドルとなる見込み。

 これに加え、ハリケーン「マイケル」による初期段階の損失見積りは、再保険調整後で約3億ドルから5億ドルになる見込みで、2018年第4四半期の営業業績に反映される予定だ。

 これらの大規模自然災害による損失には、ヴァリダス・ホールディングスとその関連会社における損失見込みも含まれている。AIGは、北米大規模災害集積再保険プログラムについて、カリフォルニアの土砂災害とハリケーン「フローレンス」に加えて、ハリケーン「マイケル」に関する損失見込をハイエンドな水準で反映すると、7億5000万ドルの残余額のうち、約7億ドルを使いきることになると推測している。

【関連記事】
損保ジャパン日本興亜、大規模災害の早期対応に「RPA」を活用、事務処理を高速化
ふるさと納税、納税受入額が1.7倍の2,844億円に 寄附金の使い道で関心がある分野は「災害支援」
LINEで加入、100円からの保険サービス「LINE ほけん」スタート

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5