MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

糖尿病などの生活習慣病リスク予測AI、100万人の健診データから解析

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/21 08:00

 SOMPOグループと東芝グループは、糖尿病などの生活習慣病リスクを予測するAIを共同開発した。

 SOMPOホールディングス、SOMPOヘルスサポート、東芝、東芝デジタルソリューションズは、糖尿病などの生活習慣病リスクを予測するAIを共同開発した。

 SOMPOは、約500の健康保険組合に対して特定保健指導を行うヘルスサポートのノウハウと顧客ネットワークを持ち、東芝はビッグデータ解析技術やヘルスケアデータマイニング技術の知見を持っている。これらに加えて、研究協力機関などの約100万人分の最長8年の健診データをもとに開発を行なった。

生活習慣病リスク予測AIを活用したスマホアプリの画面イメージ
生活習慣病リスク予測AIを活用したスマホアプリの画面イメージ

 両グループは、生活習慣病リスクを予測するAIの精度向上に加えて、食生活や運動習慣改善などの行動変容を促すためのソリューション開発を進め、2018年度中に健康保険組合における特定保健指導などで実証実験を開始する。

 また、糖尿病発症後の重症化を予防するための健康指導などのサービスに向けたアルゴリズム開発のほか、対象となる生活習慣病の範囲拡大に向けたAI開発・強化を目指す。

【関連記事】
インシュアテック市場、2021年度に1790億円、健康増進型保険の開発に向けたデータ収集が進む
住友生命の健康増進型保険「Vitality」、ローソン・スタバ・オイシックスらが特典を提供
三菱UFJ銀行、AIで住宅ローン審査

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5