MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

LINEの仮想通貨が取扱開始、ビットコイン・イーサリアム・テザーと交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/19 16:30

 LINEは、独自の海外向け仮想通貨「LINK」が、仮想通貨交換所で取り扱いを開始したと発表した。

 LINE独自の仮想通貨である「LINK(海外向け)」が、10月16日から、仮想通貨交換所「BITBOX」で取扱いを開始した。「BITBOX」は、LINEとそのグループ会社が運営している仮想通貨の交換のみを行える取引所で、法定通貨による仮想通貨の売買はできない。

 LINKは、「LINE Token Economy」構想において利用可能な汎用コインで、LINEが提供する各dApp(※)サービスのユーザーへのインセンティブとして付与される。海外向けのサービスであるため日本および米国居住者は対象外。

 LINEは独自開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」をメインネットとし、そこに分散型アプリケーション「dApp」サービスが参加することで、汎用コイン「LINK Point(日本向け)」と「LINK(海外向け)」を利用することができる「LINK エコシステム」を提供する。

 今回、LINKが取引可能となる銘柄は「BITBOX」が取り扱うビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)の3銘柄。売買時のスプレッドは0.1%。LINKは今後、海外居住者向けにもローンチされる、知識共有プラットフォーム「Wizball」、未来予想プラットフォーム「4CAST」などで利用可能になる。

※ 「Decentralized Applications」の略。ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的、オープンソースなアプリケーション。

【関連記事】
LINE、海外向け仮想通貨「LINK」の取扱を10月スタート
LINE、独自のブロックチェーンネットワークを基盤としたエコシステム発表、日本向けコインはLINEポイントに交換可能
「LINE スマート投資」スタート、スマホで少額「テーマ投資」を可能に

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5