MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ジョンソン・エンド・ジョンソン、「ドクターシーラボ」のシーズHDを1495億円で買収

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/23 18:50

 シーズ・ホールディングスは、メディカルコスメの企画販売を行う、ドクターシーラボ、メディカルエステを運営するシーズ・ラボを傘下に持ち、美容と健康にフォーカスした商品・サービスを提供している。

 1999年2月に、取締役会長である城野親德氏によって設立された株式会社ドクターシーラボは、人の肌が持つ自然治癒力に着目した化粧品や、健康食品、美容機器等を販売する事業、エステティック・サロンが主力事業となっている。

 10月23日、アメリカ合衆国ニュージャージー州に拠点を持つ、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、シーズ・ホールディングス株式を公開買付けにより取得すると発表した。

 買付価格は、普通株式1株につき5900円。買付予定数は2535万5704株で、買付代金は総額1495億9865万3600円。城野氏は、公開買付け成立後、ジョンソン・エンド・ジョンソンによる完全子会社化が完了した時点で、役職員を辞任、または辞職する意向を示している。

 2018年7月期のドクターシーラボ事業の売上高は429億9900万円(前期比 6.8%増)、営業利益は83億6800万円(前期比 2.6%増)。ドクターシーラボの販路は、通信販売、卸売販売、対面型店舗販売がある。通信販売においては外部通販サイトを利用するなどの施策を行い、新規顧客の獲得に注力したが、既存顧客の離脱の影響もあり、前期比 1.2%増加にとどまっている。一方で、卸売販売、対面型店舗販売においては、インバウンドの需要にも支えられ、それぞれ前期比 19.0%増加、11.6%増加となっている。

【関連記事】
化粧品市場、インバウンドや国内好調で2.9%増 朝のお手入れは女性9割、男性も2割
資生堂が「和菓子」にインスパイアされたコスメを発表 和菓子のような「椅子」「お手玉」も
日本の上半期M&Aは過去最高の25.4兆円、武田のシャイアー買収など大型案件が寄与

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5