MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

米国中間選挙の「両建て戦略」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/01 14:00

 米国の中間選挙は、上院・下院をどちらが取るのかで相場の方向性が変わってきます。今回は「どちらに転ぶにしても、利益を期待できる」投資手法について考えてみましょう。

米国議会の状況

 いよいよ11月6日には米国で中間選挙が行われます。報道各社の世論調査を見ると、上院は与党「共和党」、下院は野党「民主党」が過半数を取るというのが大方の見方のようです。両院とも共和党が過半数を取れば株高、民主党が取れば株安という予想も見聞きしますが、相場の方向性を予想することは困難と言えます。

 相場がどちらに動くか分からないけれども、どちらかに大きく動く可能性がある、という場合にはeワラントを活用することで相場の上下を予想せずに利益を期待することができます。

 米国議会上院で共和党は51議席、民主党は49議席を有していますが、非改選数は共和党42議席、民主党23議席の計65議席であり、残り35議席が改選されます。政党支持率では民主党が共和党を上回っていますが、共和党は9議席を確保すれば過半数に達するため、上院では共和党が有利と言えるでしょう。

 一方で米国議会下院では共和党は235議席、民主党は193議席、空席7議席となっており、全435議席が改選されます。民主党が過半数を取るには現在の議席数を確保した上で23議席を上乗せする必要がありますが、空席7議席を含めても16議席を共和党から奪うことが前提となります。世論調査では民主党が優位にあるとされていますが、議席を奪うのは一筋縄ではいかないと思われます。

投資シナリオ

 選挙結果(過半数獲得)と、筆者が予想する相場の反応は次の通りです。

 今回の中間選挙など、結果によって相場が大きく動くかもしれない、という政治・経済イベントがある場合、相場の方向性を予想してレバレッジをかければ大きな利益の獲得を期待できますが、予想とは反対に相場が大きく動いた場合には損失が大きくなるリスクがあります。さらに証拠金取引の場合は追証発生のリスクもあります。

 そこで、最大損失が投資元本までに限定されているeワラントを活用することを考えます。具体的には、コール型eワラントとプット型eワラントを両方とも買う両建て戦略です。コール型またはプット型のどちらかが大きく上昇することで、もう片方の下落を相殺します。

 eワラントは短期間で何割、何倍にも上昇することがある一方で、最大損失は投資元本までに限定されているため、コール型とプット型の両建てにより、トータルで若干の利益を狙う戦略が可能です。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 小野田 慎(オノダ マコト)

    eワラント証券 投資情報室長。一橋大学法学部卒業後、大和証券投資信託委託に入社、投資信託の開発業務に携わる。2005年からイボットソン・アソシエイツ・ジャパンにて金融機関向けのコンサルティング、企業等の評価に用いる資本コストの分析業務、投資信託の定量評価、現代ポートフォリオ理論に基づいたアセット・アロケーション(資産配分)に関する投資助言を行う。ゴールドマン・サックス証券を経て2011年8月より現職。ポートフォリオ構築の専門家としての経験を活かし、幅広い資産の分析を行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5