MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

JR東日本、駅構内にシェアオフィス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/07 09:00

 JR東日本は、2019年のシェアオフィス市場参入に向けて、東京駅・新宿駅・品川駅構内にブース型オフィスを設置する実証実験を行う。

 東日本旅客鉄道(JR東日本は、利便性が高く、移動時間ロスが少ない駅ナカなどにおけるシェアオフィス「STATION WORK」の事業展開にむけた検討を進める。

 「STATION WORK」では、駅ナカを中心に、ブース型、コワーキング型、個室型の3タイプのサービスを展開する予定で、2019年度上期の事業展開を目指している。

 実証実験では、2018年11月28日から2019年2月20日までの3か月間、東京駅・新宿駅・品川駅の駅ナカに3か月間、ブース型オフィス「STATION BOOTH(business/personal)」を設置し、個人と法人向けに提供する。個人利用者は専用ウェブサイトからの登録制、法人はJR東日本との法人契約後、利用アカウントが付与される。

 この実験では利用料は無料。予約は15分または、30分の予約制となっており、1日1アカウント30分を利用の上限とする。ブース内ではデスク、椅子、照明、無料Wi-Fi、電源、USBポート、暖房、モニター、アロマが提供される。公式サイトでの予約が可能になるのは11月19日から。

【関連記事】
UBS、WeWorkに米国オフィスの再設計を依頼、データドリブンな改善プロジェクト
働き方改革で注目されるテレワーク 導入割合は9%も、44%が「業務効率が向上した」
モバイル銀行「N26」、フリー&自営業向けビジネス口座でノマド的ワークスタイルに対応

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5