MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

バンクCEO光本氏が2度目のMBO、「狂ったようなチャレンジを」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/07 15:00

 目の前のアイテムを現金に変えるアプリ「CASH」を発表して注目を集めた株式会社バンクのCEO、光本勇介氏がマネジメント・バイアウトを実施。DMM.comから同社の全株式の買い取りを行った。

光本氏、DMM.comから全株式を再取得

 株式会社バンクを2017年に設立した同社代表取締役 兼 CEOである光本勇介氏は、同年6月、手持ちのアイテムをキャッシュに変えるアプリ「CASH」をリリース。リリースして16時間で、アクセスが殺到してサービスを一時停止したことでも注目を集めた。その後、光本氏は2017年10月にバンクの全株式をDMM.comに売却した。

 11月7日、光本氏はマネジメント・バイアウト(MBO)を実施し、親会社である合同会社DMM.comが保有する同社の全株式の買い取りを行った。今後は、主力事業「CASH」や「TRAVEL Now」を中心に、「見たことのないサービスで新しい市場をつくる」という 経営理念のもと、インターネットビジネスによる新しい価値の提供を行なう。

2016年、スタートトゥデイにMBOを実施

 光本氏は2008年、ブラケット(現ストアーズ・ドット・ジェーピー)を設立。2012年、誰でも簡単にオンラインストアが作れる「STORES.jp」をリリースした翌年、ブラケットの全株式をZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ(現ZOZO)へ売却。2016年にスタートトゥデイに対してMBOを実施し、ブラケットの全株式を再取得している。

 MBOについてのプレスリリースは、「チャレンジなくして成功はないと思っております。すべては実験だと捉え、狂ったようなチャレンジを引き続き行って参りたいと考えておりますので、何卒、引き続き宜しくお願い申し上げます」とのコメントで結ばれている。

【関連記事】
高校3年生CEOが率いるワンファイナンシャル、レシートを現金化するアプリ「ONE」スタート
フリマアプリの周辺サービスへの経済効果は、最大で年間約752億円【メルカリ調査】
最も「貯金」に熱心なミレニアル世代、ひと月あたりの「貯金額」は25,996円

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5