MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

スターバックスが怒涛のデジタル施策、待たずに買える「モバイル・オーダー・アンド・ペイ」も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/09 08:00

 スターバックスは日本での戦略的取り組みを発表。デリバリー、デジタルオーダー、キャッシュレス支払い、ロイヤルティプログラム、パーソナライゼーションなどを駆使して独自の顧客体験を提供する。

2021年末までに1700店舗を展開

 11月8日、米スターバックス・コーポレーションは、日本市場において売上および利益成長を加速し、顧客体験の価値向上を進めるための複数の取り組みを発表した。まず、これから3年にわたり年間100店舗の新規店舗をオープンし、2021年末までに1700店舗を目指す。

 2019年2月28日には、「スターバックス リザーブ ロースタリー」を東京・中目黒にオープンする。日本国内では初、世界で5番目となるこのロースタリーは、隈研吾氏とのコラボレーションによって、一から建物を設計・建築を行った初めてのロースタリーとなる。この店舗では、同社が誇る高品質なコーヒーを楽しむことができる。

多様なデジタル施策で顧客体験を変える

 スターバックスはデジタル施策にも積極的だ。デリバリー、デジタルオーダー、キャッシュレス支払い、ロイヤルティプログラム、パーソナライゼーションなど、デジタルなイノベーションを駆使して、顧客に満足感と利便性を与える独自の顧客体験を提供する。

Uber Eatsを導入

 11月9日にはUber Eatsを導入し、スターバックスの飲み物やフードなどを直接届けるデリバリーサービスを開始する。まずは新宿2店舗、六本木1店舗の東京都内の3店舗でトライアルを開始し、2年間で拡大を目指す。

LINEと戦略的提携

 LINEとは、2019年上半期に包括的な戦略的提携を進める。スターバックスの店舗とモバイルテクノロジーの融合によって、デジタルペイメントをはじめ、様々なイノベーションを提供。2019年の前半に第一フェーズをスタートする。

モバイル・オーダー・アンド・ペイ

 2019年中にアメリカを含む数か国で導入している「モバイル・オーダー・アンド・ペイ」のテスト導入を開始する。利用者は、モバイルデバイスから注文した後、列で待つことなく、注文した商品を店舗で受け取ることが可能になる。

ロイヤルティプログラム

 2017年9月に導入したロイヤルティプログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」はサービス提供から1年が経過し、4人に1人以上の顧客がスターバックス カードやモバイルアプリを使って、キャッシュレス支払いを利用している。

 今年はさらにスターバックス リワードを通して、2011年の東日本大震災の遺児となった子どもたちへの進学支援、今年6月にフエゴ火山が噴火し被害のあったグアテマラのコーヒー農家へコーヒーの苗木を提供するなど、災害被災地を支援するプログラムに寄付によって参加することが可能になった。

 そのほか、日本でも全店舗で2020年半ばまでに使い捨てのプラスチックストローを撤廃するなど、環境へ配慮した活動を推進。2019年の春からは、スターバックス リザーブ ロースタリーで代替素材のストローのトライアル提供を始める。

【関連記事】
国内外食市場、売上高30兆円突破、カフェ売上1位はスタバの1709億円、増収率はコメダがトップ
UberとVenmoが提携、友だちとのワリカンを絵文字で楽しく
GPIF、環境問題に取り組む「Climate Action 100+」に参加

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5