MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

LINE Pay、税金支払いに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/16 08:00

 LINE Payは、12月から大阪市の税金の支払いに対応すると発表。LINEは生活インフラへの道をまた一歩進んだ。

 LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」で大阪市の税金の支払いに対応する。電算システムが行う収納代行サービスを通じて、大阪市の発行する納付書を「LINE Pay 請求書支払い」で支払うかたちだ。サービス開始は12月14日から。

 「LINE Pay 請求書支払い」は、公共料金や通信販売などの請求書上に印字されたバーコードをスマートフォンで読み込むことによって、LINE Payで24時間いつでも支払いができる。今回、対応する税金は以下のとおり。

対象となる納付書

  • 個人市・府民税(普通徴収)
  • 個人市・府民税(特別徴収)
  • 固定資産税・都市計画税(土地・家屋)
  • 固定資産税(償却資産)
  • 軽自動車税
  • 法人市民税
  • 事業所税
  • 市たばこ税
  • 入湯税

 キャッシュレス化を推進するために欠かせないスマホ決済は、利用シーンの多様化や手続きのスムースさが普及の鍵になる。LINEはコミュニケーションアプリから生活インフラへの道を、また一歩進んだようだ。

【関連記事】
「LINE家計簿」スタート、お金の使い方が変わるかも?
スマホ求人「LINEキャリア」スタート、企業からのダイレクトオファーも視野に
LINEで加入、100円からの保険サービス「LINE ほけん」スタート

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5