MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

海外旅行、年末年始はハワイが人気
GWは長距離路線の予約が堅調、前年比3倍で推移

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/24 14:00

 年末年始の海外旅行の予約状況はハワイが人気。2019年のGWの予約は、前年同月比約3倍で推移している。

年末年始は「ハワイ」が7年連続1位

 株式会社エイチ・アイ・エスは11月12日、年末年始の海外旅行動向と、2019年の旅行業界の見通しについて発表した。

 今年の年末年始(2018年12月22日から2019年1月3日)の海外旅行動向を11月6日時点の予約状況をもとにまとめたところ、人気が最も高かったのはホノルル(ハワイ)で、7年連続で1位となった。以下、ソウル、台北、グアム、バンコク、シンガポール、香港の順となり、昨年と同様に人気エリアがランクインした。また、アグン山噴火の影響で順位を落としていたバリ島が、昨年の11位から順位を上げて8位に入り、例年の予約数まで復活した。出国のピークは2018年12月29日、帰国のピークは2019年1月3日で、年内に出国する人が多い。

 ゴールデンウィーク(2019年4月27日から5月6日)の11月5日時点の予約状況は、天皇の譲位に伴って10連休が検討されていることから例年より動きが早く、前年同期比約3倍で推移。中でも長距離路線の予約が堅調で、アメリカ・オセアニア方面への予約は同約4倍、ヨーロッパ方面への予約は同約5倍の高い伸びを見せているという。

 一方、訪日観光客については、2019年9月20日から11月2日にかけてラグビーワールドカップが日本で開催されるため、総観客数は推計約200万人、海外からは約40万人が来日すると見込まれている。ラグビーワールドカップは長期にわたり、秋の三連休とも重なる。そのため、試合日の合間に国内旅行の観光需要も想定され、同社は開催地以外でも大きな波及効果が期待できるとしている。

旅行保険はどうしてる?

 では旅行に出かけるときの保険については、どんな傾向があるのだろうか。マイボイスコム株式会社は、10月1日から5日にかけて「旅行保険に関するアンケート調査(第2回)」を実施し、1万475名から回答を得た。

 直近5年間に旅行に出かけた際の旅行保険(クレジットカードやパックツアーに付帯する保険を除く・複数回答可 以下同じ)の加入状況は、「海外旅行の時に加入した」が11.8%、「国内旅行の時に加入した」が6.2%だった。「旅行に行ったが申し込んでいない」は49.6%で、「旅行に行っていない」は33.2%。

 旅行保険に加入した人に加入先を選んだ理由を聞くと、「保険料が安い」が27.4%で最も多く、以下、「インターネットで申し込み可能」(22.9%)、「補償内容が充実している」(20.8%)、「加入手続きが簡単」(19.9%)、「商品内容がわかりやすい」(19.0%)、「旅行代理店や保険会社の担当者の勧め」(18.8%)が続いた。

 2019年のゴールデンウィークは長距離路線の海外旅行者が増えそうだ。一方で海外旅行中の医療費は高額になるケースもある。海外旅行の際には保険の加入状況や補償内容を事前にチェックしておきたい。

【関連記事】
海外旅行保険事故、昨年度の発生率は3.42% 3500万円の保険金が支払われたケースも
海外旅行での支払い、「カードがお得」と思っているが「現金」で支払う人が半数以上
年末年始の海外旅行は過去最高の70万人超 出国日本人数、前年同期比上回る

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5