MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

買収で小売4位に躍進するドンキホーテ、「安さの殿堂」の収益構造に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 おもちゃ箱をひっくり返したかのような品ぞろえの店内。見ているだけで楽しいと人気のドンキホーテは今、コンビニ、スーパー業界でも台風の目になろうとしている。今回は、「安さの殿堂」の儲けの構造に迫る。

スーパー・コンビニ業界の風雲児

 ドンキホーテホールディングス(HD、7532)は、ユニー・ファミリーマートHD(8028)のスーパーマーケット事業を買収し、2019年2月には社名をパン・パシフィック・インターナショナルHDに変更する。ドンキは2007年に買収した中堅スーパー長崎屋の経営再建を進めてきた実績がある。販売低迷など厳しい環境にあるスーパー事業への取り組みに注目が集まっている。

羽田空港国際線旅客ターミナルにある「ソラドンキ羽田空港店」、著者撮影
羽田空港国際線旅客ターミナルにある「ソラドンキ羽田空港店」、著者撮影

 東海地区を中心に「アピタ」や「ピアゴ」などの総合スーパーを運営しているユニー(18年8月末現在198店舗)は、2016年9月にコンビニのファミリーマートと経営統合した旧ユニーグループHDの中核企業だ。ドンキホーテHDは2017年11月、ユニーに資本参加。すでに40%の株式を保有しているが、残りの60%を282億円で取得し、2019年1月までに100%子会社にする。

 ドンキは同時に、ユニー・ファミリーマートHDの関連会社に入る。2018年8月にユニー・ファミリーマートを子会社にしたばかりの伊藤忠商事(8001)、ユニー・ファミリーマートHDを実質的に主導するファミリーマートを含め、相乗効果の早期具現化が重要なテーマになる。コンビニ事業のファミリーマートは、旧ユニー側のサークルKサンクスを吸収するなど店舗網を拡大している。

 ドンキとユニーの動きに合わせるように、イオン(8267)も株式を上場しているスーパーのマックスバリュ各社などを、6つの地域ごとに再編・経営統合を進める方針を打ち出した。スーパー業界に新風が吹くことを期待したいものだ。

小売4位の売上規模に

 ドンキは、ユニーの5813億円(18年度予想)を加えることで、単純計算で売上規模を1兆5000億円規模に拡大する。これは、イオン、セブン&アイ・HD(3382)ファーストリテイリング(9983)に次ぐ小売4位。アマゾン・ドット・コムの日本での売上高119億ドル(17年、1ドル110円換算で1兆3097億円)も上回る。

 ユニーとはすでに共同で「MEGAドン・キホーテUNY」を6店舗運営。2018年3月から8月までの半年間ながら、6店舗合計売上高を68億円から132億円に伸長。前年同期間との比較では2倍に迫る販売増である。6店舗累計の1日当たりの平均客数も約2万人から3.2万人に増加した。こうした実績が、今回のドンキとユニーの合体につながったといえよう。

 ドンキは、単なるディスカウントショップではない。「便利で安くて楽しい」を追求しているように特異の存在である。

 深夜ビジネスの開拓者であり、リーズナブルでバラエティに富んだ商品構成や雑然としたレイアウトで買物点数を1点で終わらせない戦略など、ライバル店舗はどこかと見渡しても直ちに思い浮かばないほどだ。集客を増やしリピート化に注力してきたことで、全店での年間集客は3億人を超す。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5