MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

つみたてNISAで「教育資金」「自分年金」を作るには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/12 12:00

 「つみたてNISA」は、年代や目的などに応じて、さまざまに活用することができます。連載2回目は、教育資金や老後の資金づくりなど3つの事例を紹介します。

つみたてNISAは、どの年代でも使いやすい制度

 「つみたてNISA」の特徴と活用をわかりやすく解説する連載も今回で2回目となりました。今回はさらに具体的に、この制度の魅力と活用方法を紹介していきたいと思います。

 前回、解説したように、「つみたてNISA」で20年間運用することができます。長く続けることを前提とすると、20代、30代の人にとってメリットが大きい制度のように感じられますが、老後のための資産形成と考えるならば、「つみたてNISA」よりもiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)のほうがメリットが大きいです。両制度の特徴をしっかり比較して、目的に合わせて活用してください。もちろん併用するという選択もあります。

 「つみたてNISA」は、iDeCoと違い、途中で解約することができます。教育費、住宅取得費用、老後の資金作りなど、幅広い目的で活用できるので、どの年代にも使いやすい制度だと言えます。今回は、年代や目的に応じて3つの活用事例を紹介します。

独身、子育て中、老後資金など、ライフステージ別4つの活用事例

 ここからは、年代や目的ごとの活用方法について整理してみましょう。資産形成においては、自分に合った、無理のない投資が重要です。自分がどれだけリスクに耐えられるかは、年齢、収入、資産、投資経験、リスク志向など、さまざまな要因によって大きく異なります。また、運用目的によって、運用期間が変わることにより、活用方法も変わります。

 ここでは、4つの異なる年代・環境の人たちを例に、投資経験、運用資金、投資方針を踏まえて、その人に合った運用方針を考えてみましょう。

事例① Aさん 22歳、男性、学生(来年4月新卒事業会社入社予定)

  • 家族構成:独身、一人暮らし
  • 投資経験:なし
  • 運用資金:毎月2万円
  • 投資方針・目的など:ある程度のリスクがあってもリタ-ン期待

Aさんに合った運用方針:
20代という若さと投資方針に沿って、海外・国内の指定されたインデックスに連動する株式投資信託で積極的な運用。

事例② Bさん 30歳、女性、会社員、共働き

  • 家族構成:夫(32歳 会社員)
  • 投資経験:なし
  • 運用資金:毎月5万円
  • 投資方針・目的など:つみたてNISA口座とiDeCo口座を併用

Bさんに合った運用方針:
共働きということで現状のリスク許容度は高いものの、将来の子育て教育資金や住宅資金充当も考慮し、つみたてNISAは、株式・債券・不動産の各資産に投資するバランス型投資信託で運用。一方、iDeCoは、海外・国内の指定されたインデックスに連動する株式投資信託で積極的な運用。

事例③ Cさん 42歳、男性、公務員

  • 家族構成:妻(38歳 主婦)、子(10歳)
  • 投資経験:なし
  • 運用資金:毎月4.5万円
  • 投資方針・目的など:預貯金等で教育資金はある程度の準備はしているが、老後資金の準備もそろそろ始めたい。つみたてNISA口座とiDeCo口座を併用。

Cさんに合った運用方針:
将来の子育て教育資金や住宅資金充当等も考慮し、つみたてNISAは、株式・不動産の組み入れ比率を50%程度に抑えたバランス型の投資信託で運用。一方、iDeCoは、海外・国内の指定されたインデックスに連動する株式投資信託で積極的な運用。

事例④ Dさん 52歳、男性、会社員

  • 家族構成 妻(50歳 主婦)、子(23歳、会社員)
  • 投資経験 なし
  • 運用資金 毎月3.33万円
  • 投資方針・目的等 子供が独立していて、預貯金、保険等の資産にも余裕があることから、老後に備え、積極的に運用したい。

Dさんに合った運用方針:
つみたてNISAで海外・国内の指定されたインデックスに連動する株式投資信託で積極的な運用。

 ここに紹介した4人の環境はそれぞれ違います。若い世代だけでなく、50代、60代でも、安定的な収入が見込める限りは、退職後に運用しながら使って(解約して)いくことも可能なので、途中で解約可能な「つみたてNISA」は、状況に応じて活用しやすい制度です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • SBI証券(エスビーアイショウケン)

    株式会社SBI証券はネット証券最大手として、各種NISAやIDeCoなど、初心者向けの商品から、投資信託、債券、FXなど幅広い商品を提供しています。

  • 今井ヨージ(イマイ ヨージ)

    岐阜県下呂市在住 (1979年生まれ) 映像制作会社とWEB制作会社勤務を経て、フリーランスのイラストレーターに。企業広告、書籍、雑誌、新聞、教材など、幅広いイラストを担当しています。2013年に名古屋市から岐阜県 下呂市へ事務所を移転。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5