MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

森ビル、公募ハイブリッド社債(劣後特約付)の発行へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/26 09:00

 森ビルは、財務基盤の増強のため、公募形式によるハイブリッド社債の発行を決定した。

 森ビルは財務基盤の増強、財務戦略の柔軟性を高めるものとして、11月22日、公募形式によるハイブリッド社債(劣後特約付社債)の発行に関する訂正発行登録書を関東財務局長に提出した。

 この社債は、資本と負債の中間的性質を持つハイブリッドファイナンスの一形態で、利息の任意繰延、超長期の償還期限、清算手続および倒産手続における劣後性など、資本に類似した性質や特徴を持つことから、日本格付研究所より、資金調達額の50%に対して資本性の認定を受けられることを見込んでいる。

 社債の発行においては、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を事務主幹事として起用し、需要状況を見ながら発行金額等の条件を決定する予定だ。

【関連記事】
都心オフィス、空室率2.8%で10年ぶりの低水準 2018年と2020年にはオフィスの大量供給予定
メルセデス・ベンツ日本、森ビルの「オンデマンド型シャトルサービス」の実証実験にVクラスを提供
UBS、WeWorkに米国オフィスの再設計を依頼、データドリブンな改善プロジェクト

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5