MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

「たわしで耳掃除?」 気持ちいいかもしれない個性派耳かき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/02 14:00

 たまに行うと心地よい耳掃除。使えば気持ち良さを満喫でそうな新しい発想の「耳かき」が続々と登場している。

耳かきもシリコンで安心、すっきり

 耳垢は、外耳道を保護する役割を果たしていることから、実は耳掃除は不要ともいわれている。しかし、時々行う耳掃除は心地よいもの。そこで、快適に耳掃除ができるさまざまな「耳かき」が登場している。

 マッサージを兼ねて耳掃除が可能な2商品がある。まずはシリコン素材のものから紹介しよう。「耳かきスト シリコン耳かき(750円・税別)」の先端部には、3つの円盤状のシリコーン製突起物「ハイパーシリコンヘッド」がある。ハイパーシリコンヘッドに用いられているシリコンは、長年研究を重ねた末に生まれただけに、肌あたりは抜群。ソフトとハードの2タイプがあるが、どちらも耳の穴・外耳道内の壁に当て、あとはまっすぐ引き出せば、肌を傷つける心配もなく、気持ちよくお掃除も完了となる。企画開発はときわ商会(本社:東京都墨田区)。

「耳かきスト」シリコン耳かき ソフトタッチとハードタッチ

「耳かきスト」シリコン耳かき ソフトタッチとハードタッチ

たわし型の耳かきも

 一方、たわし型はアメイズプラス(本社:愛知県名古屋市)が提案するもので、その名も「耳かき用たわし」。老舗たわしメーカーのコーゾー(本社:和歌山県海南市)監修のもとで商品化した一品で、サイズはタテ92ミリ×ヨコ7ミリ×幅7ミリ。

 「たわしで耳掃除?」と驚く人もいるかもしれないが、本商品は耳にやさしい独自のたわし素材と特殊な加工技術によって作られているという。発売以来魅了される人も多く、またたく間に品切れとなり、現在は購入予約のみ。商品の発送再開は今月下旬から。価格は1,850円(税込)。

創業70年の老舗たわし屋が監修した「耳かき用たわし」
創業70年の老舗たわし屋が監修した「耳かき用たわし」

江戸切子×耳かき

 さらに美術作品かと思わせる耳かきもある。理化電子(本社:東京都港区)が、西村拓紀デザイン(東京都中央区)と堀口切子(東京都江戸川区)とともに、世に送り出した「zig(ジグ)」は、日本の伝統工芸・江戸切子をテーマに生まれた耳かきだ。アルミニウム素材の本体に配されたデザインモチーフは、江戸切子の代表的な文様で邪気を払うとされる「矢来文(やらいもん)」と、網目で大漁、縁起良しを意味する「網代文(あじろもん)」の2つ。同様にカラーも「金赤被(きんあかぎせ)」など用意されている4色、その全てが江戸切子で用いられるものだ。価格は1万円(税別)。同商品なら、優雅な耳掃除タイムを楽しめそうだ。

江戸切子をテーマに生まれた耳かき「zig」
江戸切子をテーマに生まれた耳かき「zig」

 癒やしをもたらしてくれる耳かきグッズ。使用にあたっては努めて日にちをあけて、そっと行うようにしたい。

【関連記事】
寒い季節のおしゃれアイテム「マスク」、 小顔に見せるデザインやパステル調など
ユニークな「フェイスマスク」あれこれ 風神雷神デザインや幹細胞活用、顔の筋トレなど
「和紙」を使った新商品続々 腕時計やハンガー、和紙づくりキットなど

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5