MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

JLL、増加するサービスオフィス・コワーキングスペースの検索サイトを開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/05 08:00

 JLLは、賃貸オフィス検索サイトを拡充し、サービスオフィスとコワーキングスペースを検索できるサイトを開設した。  

 総合不動産サービスを80か国で展開しているJLLは、日本で賃貸オフィス検索サイト「OFFICE FINDER」を拡充し、サービスオフィスとコワーキングスペースを検索できるサイトを開設。多様な働き方に対応したオフィス情報を提供する。

 企業では、優秀な人材の確保、従業員の生産性を向上させるオフィスづくりや柔軟性のある働き方の仕組みづくりが課題となる一方で、少人数のスタートアップ企業やフリーランスとして働く人も年々増加していることから、一般的な賃貸オフィスにとらわれない、多様な働き方に対応できるサービスオフィスやコワーキングスペースが急増している。

 こうした状況を踏まえて、JLLは賃貸オフィス情報を拡充し、新たにサービスオフィスとコワーキングスペースの情報を提供する。

 サイトでは「フレキシブル スペース」として、一般的なオフィスの賃貸借契約ではなく、より使用者の目的に対応したワークスペースを利用することができる新しいオフィスを紹介。「コワーキングスペース(オープンタイプ)」と「サービスオフィス(個室タイプ)」が検索可能となっている。対応している地域は、東京都、関東エリア、関西エリアの3つで、これから順次拡大していく。

【関連記事】
JR東日本、駅構内にシェアオフィス
UBS、WeWorkに米国オフィスの再設計を依頼、データドリブンな改善プロジェクト
JLL、不動産テック企業を買収、IBMの不動産関連AIソリューション活用を加速

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5