MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

みずほ銀行、電通ら、AIスタートアップ特化型ファンド「DEEPCORE TOKYO1号」に出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/18 08:00

 AIスタートアップ特化型ファンド「DEEPCORE TOKYO1号」に、 みずほ銀行、電通らが出資した。

 AI特化型インキュベーター 兼 VCである株式会社ディープコアは、AIスタートアップへの投資を目的としたファンド「DEEPCORE TOKYO1号 投資事業有限責任組合」(以下、DEEPCORE TOKYO1号)に、新たに、みずほ銀行、電通、 Mistletoe Venture Partners、みずほ証券、日本政策投資銀行、日本ビジネスシステムズ、本田 圭佑氏が手掛ける個人ファンドであるKSK Angel Fund、その他の法人および個人投資家から出資を受けたことを発表した。

 「DEEPCORE TOKYO1号」は、シードおよびアーリーステージの有望なAIスタートアップに投資を行い、成長を支援することを目的とするファンド。DEEPCOREが運営するインキュベーションスペース「KERNEL HONGO」から生まれたAIスタートアップや、すでに設立されているAIスタートアップを投資対象としており、これまでにVAAK、UsideU、Uplift labs、メドメイン、Liaroをはじめとする合計11社への投資実績がある。

 ディープコア代表取締役社長である仁木 勝雅氏は、2016年まで、ソフトバンクグループの投資部門責任者として、国内外のさまざまなステージの投資案件を担当。ボーダフォン日本法人やSprintといった大型M&Aのほか、Aldebaran RoboticsやGrab、Coupangなど海外のテクノロジー企業やスタートアップへの出資に携わっている。

 またディープコアの技術顧問は東京大学大学院 特任准教授の松尾 豊氏。起業顧問は孫 泰蔵氏(連続起業家)。株主はソフトバンクグループ株式会社100%となっている。

【関連記事】
Salesforce Ventures、日本のスタートアップに向けて1億ドルのファンド創設
ビットフューリーが8000万ドルを調達、電通も引受先に
三井住友FG、マネーフォワードら、東大に「ブロックチェーンイノベーション寄付講座」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5