MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

2018年に読まれた「お金と資産運用」のニュースランキング、20代の貯金額、キャッシュレスに注目集まる

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/24 11:00

 2018年もあと少しで終わり。MONEYzineで今年読まれたニュースのランキングをお届けします。

2018年に読まれた「ニュースランキング」

 今年最も読まれたニュース1位は、20代の貯金額に関するものでした。「貯蓄から資産形成へ」の流れを作りたい政府や金融業界の動きが活発化した今年でしたが、ランキングの2位には「資産運用より働くこと」を選択するという調査データのニュースが。その他にも注目のニュースがランクインしています。

1位 20代の貯金額、男女ともに「50万円以下」が過半数 保管先トップは「銀行」、複数口座の使い分けも

2位 貯金、生保、株……家計の貯蓄現在高、平均値は1,812万円 人生100年時代の資産形成は「運用より働く」23%

3位 アフィリエイターの本業は「会社員」が最多 「平均月収30万円以上」は全体の5%に増加

4位 新車では「SUV」「ハイブリッド」の購入検討率が増加、「クリーンディーゼル」が人気回復につながる?

5位 海外旅行での支払い、「カードがお得」と思っているが 「現金」で支払う人が半数以上

6位 iDeCo加入者が100万突破も 若者の半数が「知らない・魅力を感じない」

7位 「au WALLET クレジットカード」会員数が400万人を突破

8位 投資信託、運用損益がプラスの顧客比率が最も高いのは?(金融庁まとめ)

9位 企業の賃上げ理由「社員引き留めのため」50.8%で最多 止まらない「人材不足倒産」

10位 20代がリタイアまでに貯蓄できたら安心する金額は「平均4000万円」

 来年もMONEYzineは、お金、資産運用、フィンテックについてのニュースをお届けします。

【関連記事】
日本人の現金依存度は高いが、クレジットカードや電子マネーの保有率が低いわけではない
PayPay、支払額の一部または全額を還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」
消費者態度指数、3か月連続で低下 「節約したい」71.3%、20~30代で高まる節約志向

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5