MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

NEC、デジタル先進国デンマークを支えるIT企業「KMD」を1360億円で買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/28 12:40

 日本電気(NEC)は、デンマークのデジタル化を支えるIT企業KMDの買収を発表。2020年度の海外売上2000億円を目指す。

デンマーク最大手IT企業を買収

 NECは12月27日、デンマーク最大手のIT企業であるKMDの持株会社、KMD Holdingの全株式を取得するため、同社の株式を保有するAdvent International Corporationが運営するファンドと株式売買契約を締結した。取得価額は80億デンマーク・クローネ(約1,360億円)。買収の完了時期は2019年2月末を予定している。

 KMDはデンマークを中心にソフトウェア、ITサービスなどを主にリカーリング型(継続的に収益を生み出すビジネスモデル)で提供。特に中央・地方政府向けの強固な顧客基盤と幅広い種類のソフトウェアを保有し、国連の経済社会局が発表した2018年の「世界電子政府ランキング」で首位となったデンマークのデジタル化を支えているほか、M&Aも活用して様々な業種への事業展開を進めている。

 KMDの強みは3つある。まず、政府向けソリューション事業は40年以上の実績があり、中央政府向け事業ではシェア17%、地方政府向け事業ではシェア43%を獲得。

 次に金融・保険向けソリューション事業では買収を通じて新事業を各国で展開。アセット管理・ウェブ決済ソリューションとして、自動車ローンの担保アセットの管理プラットフォーム、ウェブ・モバイル決済プラットフォームをノルウェー、スウェーデンを中心に展開。また、保険・年金向け業務ソリューションでは、アセット管理、契約書作成、保険料計算、顧客ポートフォリオ管理などの統合プラットフォームを提供している。

 3つめとして、UXおよびデータ&アナリティクスを自社プラットフォームと組み合わせる事業を展開。ユーザーエクスペリエンス事業では大手銀行のモバイルアプリのUXデザイン、中央および地方政府のウェブサービスのデザイン・設計を、データ&アナリティクス事業では購買行動分析、データ活用コンサルティングなどを電力会社、中央および地方政府に提供している。

デジタルガバメント領域で海外売上を拡大

 欧州では行政サービスの向上・コスト削減に向け、EU加盟各国の合意の下で統一的なデジタルガバメント施策が各国で進行しており、先行するデンマークや英国がロールモデルとなっている。NECは今回の買収によって、デジタルガバメント領域におけるプラットフォームを活用したビジネスモデルを獲得し、北欧から欧州全域、世界への展開を目指したい考えだ。

 また今後は、NECの生体認証や最先端AI技術群とKMDのソフトウェアを組み合わせるほか、NECが2018年1月に買収した英国Northgate Public ServicesとKMDのソフトウェアの相互販売、NECグループの販路を活用したKMDのソフトウェアのグローバル展開を推進。2020年度の海外売上2000億円を目指す。

【関連記事】
三菱UFJ信託銀行、アセットマネジメント事業のグローバル展開に向けて豪大手の子会社買収
JLL、不動産テック企業を買収、IBMの不動産関連AIソリューション活用を加速
ビットフューリーが8000万ドルを調達、電通も引受先に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5