MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

楽天グループ、完全キャッシュレスの「スマートスタジアム構想」、ビール半額キャンペーンも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/11 08:00

 野球やサッカーを見に行った会場をキャッシュレスにして、スマホひとつで観戦を楽しめるようにする取り組みを楽天グループが開始する。

  楽天、楽天野球団、楽天ヴィッセル神戸は、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」とJ1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアムで、両チームの2019年開幕戦から順次、完全キャッシュレス化する「スマートスタジアム構想」を発表した。

 この構想では、チケットや飲食、グッズなど両スタジアム内において購入できるものは、現金決済に代わり、原則すべて以下の方法で決済を行う。

  • スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」
  • 電子マネー「楽天Edy」
  • 共通ポイントカード「楽天ポイントカード」
  • 「楽天カード」
  • Mastercard・American Express・Visa・JCBブランドの各種クレジットカード
  • 「楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)」を含む各種ブランドデビットカード

 完全キャッシュレス化にあたり、お得さと便利さを楽しみながら体感できるように、来場者へのサポート施策や、一定の条件・期間でビールが半額になるなどのキャンペーンの実施を予定している。

 対象となるのは「楽天生命パーク宮城」「ノエビアスタジアム神戸」の2会場。「楽天生命パーク宮城」は、楽天イーグルスホーム開幕戦(2019年4月2日)から、「ノエビアスタジアム神戸」では、ヴィッセル神戸ホーム開幕戦(近日発表予定)から順次対応する。

 「楽天ポイントカード」については「楽天生命パーク宮城」では全141店舗中87店舗対応しているが、「ノエビアスタジアム神戸」では2019年開幕戦時点では使うことができない。その他、楽天グループサービス以外でのスマホアプリ決済・電子マネー・共通ポイントサービスへの対応については未定となっている。

【関連記事】
野球場での支払いをスマートに、「楽天ペイ」が観客席での売り子販売で利用可能に
すかいらーく、卓上端末の決済に「楽天ペイ」導入へ
日本人の現金依存度は高いが、クレジットカードや電子マネーの保有率が低いわけではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5