MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

CAMPFIRE、コミュニティウォレット「Gojo」を事業譲受

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/14 09:00

 CAMPFIREは、BrainCatが運営するコミュニティウォレットを事業譲受し、2019年1月から運営移行を開始した。

 コミュニティウォレット「Gojo」は、コミュニティのメンバー同士がスマートフォンアプリを通じ、お金・情報の共有ができるプラットフォームサービス。2018年6月にBrainCatが運営を開始し、お祭りの青年会、フリーランスが協業するためのオンラインスペース、シェアハウスの共益費を管理など、様々な団体・コミュニティで使用されてきた。流通金額累計は2018年12月末時点で約4000万円となっている。

 一方、CAMPFIREが運営するクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」は18,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ95万人以上、流通金額は95億円となっている。

 CAMPFIREとBrainCatは2018年12月、「Gojo」の事業譲受に合意、2019年1月から運営移行を開始した。CAMPFIREは「Gojo」事業推進を通して、コミュニティへの経済活動の支援、互助の仕組みを民主化するコミュニティウォレットの普及、コミュニティへのレンディングを提供。事業譲受によって「Gojo」単体で2022年度中に流通金額累計100億円到達を目指す。

【関連記事】
金融サービス「CAMPFIRE Bank」、クラウドファンディングの支援者にも融資
クラウドファンディング市場は127.5%増の1700億円、「貸付型」は利回り競争が過熱
ゴールドマン・サックス、機関投資家向け仮想通貨ウォレットのBitGoに出資

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5