MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

野村ホールディングス、「ファンベース」マーケティング支援で合弁会社設立

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/18 09:00

 野村ホールディングス、アライドアーキテクツ、佐藤尚之氏との三者間で、「ファンベース」を基盤としたマーケティング支援事業を行う合弁会社を設立することで合意した。

 野村ホールディングスは本日、アライドアーキテクツ、佐藤尚之氏との三者間で、「ファンベース」を基盤としたマーケティング支援事業を担う合弁会社設立の検討に関して、基本合意書を締結した。

 佐藤氏は、2018年2月に出版した著作『ファンベース』自社の商品やサービスを支持してくれる「ファン」を支持母体にして売上や価値を中長期的に向上していく考え方である「ファンベース」を提唱している。

 三者の共同出資により設立する合弁会社では、野村グループの有する事業法人などとの顧客接点、アライドアーキテクツのマーケティング支援ソフトウェアの開発力、佐藤氏が培ってきたマーケティング支援ノウハウを活かし、事業法人などの顧客の経営戦略に役立つ「ファンベース」を基盤としたマーケティング支援サービスを展開する予定。

 合弁会社は2019年4月をめどに設立する予定。出資比率は、野村ホールディングス51%、アライドアーキテクツ44%、佐藤氏5%の予定となっている。

 佐藤尚之氏は1985年、株式会社電通に入社し、コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとして活躍。2011年に独立し株式会社ツナグを設立。「さとなおオープンラボ」「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰している。

【関連記事】
カスタマーサポートの年収が高い企業ランキング、1位「デル」、「アマゾン」は4位
楽天証券、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)向けにフィー型「管理口座コース」新設
人におすすめしたい証券会社、対面証券では「野村」、ネット証券では「SBI」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5