MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

三井住友海上、「サイバー保険」「フライト遅延保険」などを開発する独デジタル保険企業と提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/01 09:00

 三井住友海上は、欧州全域でデジタル保険の販売ライセンスを有する、ドイツのインシュアテック企業ELEMENT Insuranceとの業務提携に合意した。

 2017年設立のドイツのインシュアテック企業であるELEMENT Insurance(以下、エレメント)は、保険の申込みから保険金の支払いまでのすべてのプロセスにおいて、デジタル技術を活用する保険会社。

 同社はビッグデータ分析などのデジタル技術や専門ノウハウの活用によって、サイバー保険やフライト遅延保険など、個人や法人向けに独自性のある保険商品を開発。パートナー企業を通じて顧客に提供している。また、デジタル保険のプラットフォーマーとして、損害保険会社やブローカーに加え、保険サービスの開発を目指す異業種企業にもサービスを提供しており、幅広いネットワークを有している。

 三井住友海上は、同社と業務提携し、保険申込みから保険金支払いまでのすべてのプロセスをデジタル化した商品・サービスの提供、自社で保有するデータと顧客データを掛け合わせることにより、顧客独自のリスクに合った商品や、これまで補償できなかった幅広いリスクに対応した商品の提供などに取り組む。

【関連記事】
インシュアテック市場、2021年度に1790億円、健康増進型保険の開発に向けたデータ収集が進む
トラック隊列走行向けの自動車保険が登場、不正アクセスにも対応
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、イスラエルのスタートアップとAIを活用した健康サービス開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5