MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

おかん、離職理由の8割を占める「ハイジーンファクター」を可視化する調査サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/29 09:00

 ぷち社食サービス「オフィスおかん」事業を展開している株式会社おかんは、離職の約8割の理由となっている「ハイジーンファクター」に特化した改善サービス「ハイジ」のβ版を2019年1月24日にリリースした。

 アメリカの臨床心理学者であるフレデリック・ハーズバーグは、従業員の満足度低下や離職の理由は以下の2種類しかないと提唱している。

モチベーター:仕事のやりがい、責務、企業理念への共感など
ハイジーンファクター:自身の健康状態、家庭との両立、同僚との関係、職場環境など

 おかんが1月24日にβ版として提供を開始した「ハイジ」は、自身の健康状態、家庭との両立、同僚との関係、職場環境など離職の約8割の理由となっているハイジーンファクターに特化した調査・分析サービス。

 従業員がオンラインで10分程度のアンケート回答をすることで、ハイジーンファクターを分解した12要素の状態を数値化。部署や年齢といった区分ごとのに結果を一覧で比較。企業における改善すべき問題の原因と、その優先順位を明確にすることができる。

 サービス業、製造業、建設業、情報通信業など様々な企業で利用実績または利用予定があり、幅広い企業でエンプロイー・エクスペリエンス(EX)の向上による、望まない離職の防止や従業員満足度の向上を支援する。

 ハイジは、ハイジーンファクターを数値化(ハイジスコア)し、前回との比較や他社との比較を可能にする。また、ハイジスコアは、離職意向のバロメーターになる職場推奨スコアと、人件費損失の改善のバロメーターになる生産性スコアへの影響度も明らかにするので、経営への効果も分かりやすい「ものさし」となりうる。

【関連記事】
人手不足倒産件数が過去最高を更新 一方、上場企業の希望・早期退職者募集は最少に
ハイスキル労働市場における「人材ミスマッチ」、日本は世界33か国中最悪
企業の賃上げ理由「社員引き留めのため」50.8%で最多 止まらない「人材不足倒産」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5