MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

freee、全国253の信用金庫とのAPI連携を2月から順次スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/31 09:00

 freeeは、全国信用金庫協会に加盟する260の信用金庫のうち、253の信用金庫とのAPI連携を開始する。

 クラウド会計ソフトを提供するfreeeは、2016年8月から各金融機関とのAPI連携を進め、これまで14行とのAPI連携を実現してきた。今回の信用金庫との連携により、あわせて267社の金融機関とのAPI連携が可能となり、連携先が一気に拡大する。

 金融機関の口座情報を外部連携するAPI には、以下2種類がある。

  • 参照系API:金融機関の入出金明細や残高情報等を外部サービスに情報連携する
  • 更新系API:外部サービス内から振込に係る情報連携を実現する

 今回は、参照系のAPIを活用した法人向けインターネットバンキングとのAPI連携となり、利用明細の取り込みは2月4日から順次スタート。業界団体である全国信用金庫協会の取り次ぎ方式による信用金庫とフィンテック企業とのAPI連携は今回が初の取り組み。

 今回の連携によって、ユーザーは「会計freee」にユーザーIDとパスワードを保存することなく、各信用金庫のインターネットバンキングの利用明細を自動連携できるようになる。

【関連記事】
freee、「AI月次監査」で機械学習による勘定科目エラー検知に対応
freee、子会社でパーソナライズされた金融サービスを今年度中にリリース
freee、「連結決算キット」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5