MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

FX預かり残高、1位「SBIグループ」2,282億円、第2位は「GMOグループ」の1,678億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/06 09:00

 矢野経済研究所は、FX店頭取引市場における有力企業16社のアンケート調査を実施。2019年1月末の預かり残高、口座数、2019年1月の月間取引高を算出した。

 矢野経済研究所は、FX(外国為替証拠金取引)店頭取引市場における有力企業16社にアンケ―ト調査を実施した。

 集計対象は、預かり残高15社、口座数16社、取引高12社、いずれも無回答を除く。SBIグループはSBI証券、住信SBIネット銀行、SBI FXトレード3社の店頭取引の合算値、GMOグループはGMOクリック証券、FXプライムbyGMOの店頭取引の合算値となっている。 ​

預かり残高

 2019年1月末の有力FX企業15社の預かり残高の合計は9,401億円。企業単体集計の2019年1月末の預かり残高の第1位は「GMOクリック証券」1,504億円、第2位「DMM.com証券」1,197億円となっている。企業グループを加味した集計では、第1位が「SBIグループ」の2,282億円で、第2位は「GMOグループ」の1,678億円となった。

 1月は調査対象企業15社中2社(その他企業2社含む)で預かり残高が増加したが、前月比479億円減(4.85%減)となっている。

 多くの企業で預かり残高が減少した背景には、1月3日に起こったフラッシュクラッシュ(相場が極めて短時間内に大きく変動する現象。ドル円では、108円台から104円、103円台に一時的に急騰し、投資家の損失拡大を防ぐためにロスカットされた)にある。

口座数

 2019年1月末の有力FX企業16社の口座数の合計は、502万口座。企業単体集計の2019年1月末の口座数の第1位は「DMM.com証券」70.3万口座、第2位は「GMOクリック証券」58.5万口座。企業グループを加味した集計では、第1位「SBIグループ」117.6万口座で、第2位「GMOグループ」77.4万口座。

 1月は前月比4.3万口座増(0.87%増)となっており、調査対象企業16社中15社(その他企業2社含む)で口座数が増加している。また、企業グループを加味した場合、前月比で最も高い増加率は「GMOクリック証券」(1.44%増)で「GMOグループ」(1.28%増)が続いている。

月間取引残高

 2019年1月の月間取引高は、有力FX企業12社の合計で265兆円(百万通貨を1億円として換算)。2019年1月の月間取引高の第1位は「GMOクリック証券」73.4兆円(同)、第2位は「DMM.com証券」64.9兆円(同)。

 1月は前月比69.4兆円増(35.39%増)で、調査対象企業12社すべて(その他企業3社含む)で取引高が増加している。前月比で最も高い増加率は「FXプライムbyGMO」(127.66%増)で「外為どっとコム」(62.92%増)が続いている。

【調査概要】
調査期間:2019年2月
調査対象:FX業界大手、有力企業のうち社名又は数値の公表を前提として、協力を得られた16社を対象としている。一部の企業で、統計数値や社名について非公開のものもあるため、集計対象が16社にならないものもある。
※社名及び数値を非公開とする企業は、集計の際、「その他」としてランキングから除外
調査方法:矢野経済研究所の専門研究員によるe-mailによるアンケート調査

【関連記事】
2018年のネット証券・FX会社ランキング、総合1位は「SBI証券」「外為どっとコム」
じぶん銀行、「AI外貨予測」を搭載したFXアプリをリリース
DMM.com、若手起業家を対象に100億円規模ファンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5