MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

人生100年時代だからこそ考えたい、お金を通じて自由を得るための3つのルール

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/28 12:00

 人が元気に生きられる時間は長くなり、自分らしい生活の土台になる「お金の人生計画」もより大事になっています。激動の人生を歩んできたウェルスナビの柴山さんが、そのヒントとなる考え方を解説します。

やりたいことを実現するための「人生設計」を考える

 これまでの日本では、終身雇用を前提にひとつの会社で働き続けるという生き方が主流となっていました。でも、人生が100年という長期にわたるものとなった現在、キャリアの選び方や生き方の選択肢は広がっています。

 大企業ではなくスタートアップを選ぶ若者が増えていたり、副業ならぬ「複業」や、経済的な自立を確立して早期にリタイアする「FIRE(Financial Independence Retire Early)」ムーブメントなど、新しい仕事観・人生観が提起され始めています。人生において自分自身がやりたいことを実現するためには、どんなことを意識していればいいでしょうか。

 今回は、働く世代の資産運用を応援するロボアドバイザーを提供しているウェルスナビ代表の柴山和久さんに、人生の選択肢を広げるようなお金の考え方について説明していただきます!

1杯のコーヒーを夫婦で分け合ったことも

 こんにちは、ウェルスナビの柴山です。「人生100年時代」と言われる今、こんなに長い時間をどのように生きていけばよいのか、考える機会が増えているように感じます。もはやひとつの会社に入社し、退職まで勤め上げるのがまっとうな社会人という価値観は薄れ、若い世代では転職が当たり前になっています。

 私が経営する資産運用のスタートアップ「ウェルスナビ」のメンバーも、ITや金融など、多種多様なバックグラウンドをもつメンバーから構成されています。彼らの多くは「いつかフィンテックの会社で働くことになる」とは思っていなかったと思います。

 私自身は新卒で財務省に入ったあと、マッキンゼーに転職し、退職後にフィンテックで起業するためにプログラミングの学校に通うなど、それこそ行き当たりばったりと言われても仕方のない人生を歩んできました。

 そんな私が、お金との付き合い方について考えるようになったのは、それまで働いてきた環境や自分自身の経験によるところが大きいと思います。財務省では金融や財政政策に関わり、マッキンゼーでは日米の金融機関をサポートしました。財務省やマッキンゼーで扱ったお金は、ときに数千億円や数兆円という単位でした。

 しかし実生活では、仕事がないときには貯金が8万円まで落ち込んで1杯のコーヒーを夫婦でシェアしていました。そうかと思えば、マッキンゼーのニューヨーク時代にはファーストクラスでの出張が当たり前という華やかな暮らしを経験しました。

 お金があったりなかったり、ジェットコースターのように変わる環境に身を置いたことで、私はお金の存在意義について真剣に考える必要に迫られたのです。


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 柴山和久(シバヤマカズヒサ)

    誰もが安心して手軽に利用できる次世代の金融インフラを築きたい」という想いから、プログラミングを一から学び、2015年4月にウェルスナビ株式会社を設立。2016年7月に世界水準の資産運用を自動化した「WealthNavi」をリリースし、2年7カ月で預かり資産1,300億円を突破。起業前には、日英の財務省で9年間勤務した後、マッキンゼーに移り、ウォール街に本拠を置く10兆円規模の機関投資家を1年半サポート。東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。Forbes JAPAN「起業家ランキング2019」でTop20に選出。著書に『元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法』

  • 今井ヨージ(イマイ ヨージ)

    岐阜県下呂市在住 (1979年生まれ) 映像制作会社とWEB制作会社勤務を経て、フリーランスのイラストレーターに。企業広告、書籍、雑誌、新聞、教材など、幅広いイラストを担当しています。2013年に名古屋市から岐阜県 下呂市へ事務所を移転。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5