MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

野菜を使ったヘルシー食品、食品ロスのないスティックタイプや江戸時代からの伝統菓子も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/24 08:00

 野菜を使ったデザートやスティックタイプのおやつなど、気になる新商品が増えている。また、江戸時代からある伝統菓子も要チェック!

 健康的な食生活には欠かせない野菜。探してみると、野菜好きはもちろん、苦手な人も食べやすく工夫を施したものなどバラエティに富んでいる。

 最初に紹介する「京野菜ゼリー」と「南信州 野菜菓子」は、食後のデザートやお茶の時間に、洋・和菓子として楽しめるもの。

 京野菜ゼリー(324円・税込)は、パティスリーヴァニーユ(京都府与謝郡)が地元農家とタッグを組んで開発した商品だ。種類は小松菜味、ニンジン味、そしてトマト味の3品。いずれも甘さ控えめで、大人のスイーツとして仕上げられている。

 南信州 野菜菓子(1,500円・税込、6種入)は、南信州で育った6種類の野菜を砂糖漬けにしたもの。味の特徴は、ほんのりとした甘さ、そして野菜本来の食感や香りだ。砂糖漬けは、江戸時代から続く伝統的な製法だが手間がかかる。この商品を世に送り出した田月(長野県飯田市)を含め、全国を見渡しても数少ないという。

 一方、食べ方の新提案は、野菜を普段食べている部分だけではなく、可能な限り丸ごとすり潰した商品。それがミツカン(本社:愛知県半田市)が、今春スタートさせた新ブランド「ZENB(ゼンブ)」だ。

見た目もスッキリおしゃれなミツカンの「ZENB」(スティックタイプ)
見た目もスッキリおしゃれなミツカンの「ZENB」(スティックタイプ)

 新ブランドの第1弾となる商品は「ZENB STCIK」「ZENB PASTE」の2つ。前者はコーン、ビーツ、枝豆、パプリカと4つの野菜に、穀物、ナッツ、果汁などを加え棒状にしたもの。価格は4種4本入・16本セットが5,184円(税込)。また後者はえんどう豆を加えた全5種の野菜とオリーブオイルのみで作られたペースト状の一品。価格は5種・各1,620円(税込、100グラム)。

 野菜を残さず丸ごととなるので、食品ロス解消にもひと役となる同商品、まずは小腹が空いたらSTICK、PASTEは食パンに塗って朝食などで試してみたい。なおZENBの販売はミツカンの新会社「ゼンブジャパン(愛知県半田市)」が担当する。

 サラダやジュースではないユニークなスタイルの野菜商品。新しい野菜の楽しみ方として試してみてはいかがだろう。

【関連記事】
個性派「ちくわ」、低脂肪タイプや春に食べたい桜の葉を練り込んだ一品など
地方発のユニーク「餃子」 チーズ&おから入り、牛乳と一緒に楽しむ一品など
埼玉秩父の「借金なし大豆」ってどんな味? 凍み豆腐、味噌、豆せんべいなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5