MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ビックカメラ、Trov、損保ジャパン日本興亜、デジタル家電のためのオンデマンド型保険を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/02 09:00

 ビックカメラ、米スタートアップTrov、損保ジャパン日本興亜の3社は、スマートフォンなどのデジタル家電を補償対象とするオンデマンド型保険を4月1日から提供を開始した。

 ビックカメラ、米Trov(トロブ)、損保ジャパン日本興亜の3社は、スマートフォンなどのデジタル家電を補償対象とするオンデマンド型保険「ビック1日から保険」の提供を4月1日スタートした。Trovは、オンデマンドの保険プラットフォームを展開しているシリコンバレーのスタートアップ企業。

 ビックカメラグループのECサイト「ビックカメラ・ドットコム」「コジマネット」「ソフマップ・ドットコム」で、スマートフォン・タブレット・パソコン・カメラ・ヘッドフォン・ゲーム機のデジタル家電6品目を購入した人を対象にこの保険を案内する。

 「ビック1日から保険」は、外出時や国内旅行時など、利用者の必要な時に、必要な所有物に対して、必要な日数だけ、保険に加入することができる。保険の加入は、スマートフォンからウェブ上で手続きが可能。1日当たりの保険料は、対象品目と保険金額によって異なるが、数十円~百数十円程度で加入できる。補償内容は、対象品目の国内での使用による破損・水濡れによる事故。たとえばMacBook12インチの場合は、保険金額は12万9000円(1日あたり保険料154円)などとなっている。

 事故が発生した場合、トロブの事故受付窓口にご連絡すると、ビックカメラグループ各店舗の修理カウンター(サービスサポートカウンター)に対象品目を持ち込むことが可能になる。保険による補償は、原則として修理または代品交換となる。

【関連記事】
LINEで加入、100円からの保険サービス「LINE ほけん」スタート
「au自動車ほけん」4月スタート、「証券不発行割引」やアプリにドライブレコーダー機能も
「来店型保険ショップ」の満足度1位は「ほけんの窓口」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5