MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

CAMPFIRE、 ソーシャルグッド事業を分社化

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/19 10:00

 CAMPFIREは、ソーシャルグッド特化型クラウドファンディング「GoodMorning」事業分社化に伴い、株式会社GoodMorningを設立する。

 CAMPFIREは、ソーシャルグッド特化型クラウドファンディング「GoodMorning」事業分社化に伴い、株式会社GoodMorningを設立する。

 「GoodMorning」は2016年10月にソーシャルグッドに特化したクラウドファンディングプラットフォームとしてCAMPFIRE内でサービスをスタート。これまで約1,400件のプロジェクトが実行され、累計支援額は約7.3億円(2019年3月末時点)。72,860人もの人々が「お金の支援」という形で社会課題解決に参画している。

 運営会社であるCAMPFIREは「GoodMorning」事業の分社化に伴い、株式会社GoodMorningを設立。立ち上げから携わってきた事業責任者の酒向萌実氏が代表取締役社長に、CAMPFIREの執行役員CTOの中川峰志が取締役(兼務)に就任する。また、CAMPFIRE代表取締役CEO家入一真、取締役COO大東洋克が取締役として参画する。

株式会社GoodMorning経営チーム (写真左より、大東洋克、酒向萌実、家入一真、中川峰志の各氏)

株式会社GoodMorning経営チーム (写真左より、大東洋克、酒向萌実、家入一真、中川峰志の各氏)

 GoodMorningは「誰もが社会変革の担い手になれる舞台をつくる」をミッションに掲げ、クラウドファンディングの実行者、および支援者という「社会変革の担い手」を増やし、2020年にはこれまでの累計支援者数2倍への到達を目標とする。また、これまでCAMPFIREが主体となってきた緊急災害支援について、今後はGoodMorningが引き継ぎ、緊急時に迅速に対応できる仕組みを構築する。

 2019年夏には、クラウドファンディングの個別プロジェクトを「社会問題」の視点から紹介するメディアのローンチを予定している。

【関連記事】
CAMPFIRE、クラウドファンディング累計流通額が100億円突破
CAMPFIRE、コミュニティウォレット「Gojo」を事業譲受
クラウドファンディング市場は127.5%増の1700億円、「貸付型」は利回り競争が過熱

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5