MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

学生の4割が入社前から退職を意識、すぐに辞めたい理由は「パワハラ・セクハラ」など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/13 18:00

 理由はさまざまだが、職場に不満を持つ人の多くが転職を考えている。内定企業に入社前から転職を意識している学生も一定数存在することが明らかになった。

 株式会社アーキ・ジャパンは、20代の働いている男性962名を対象に「働き方に関する意識調査」を実施し、その結果を3月14日に発表した。調査期間は3月5日から11日にかけて。

 現在の職について聞くと61.3%の人が不満を持っており、不満を持っている人の72.2%が「転職を考えている」と回答した。現在の職に不満を持っている人に具体的な理由を聞くと、「給料と仕事量が合っていない」が40.0%で最も多く、以下、「仕事にやりがいがない」(25.8%)、「将来性があまり感じられない」(23.9%)、「信頼できる上司がいない」(7.0%)が続いた。

 また、転職について考えていることを聞くと「未経験(経験が少ない)なので研修制度について気になる」(31.8%)、「自分のやりたい仕事の求人が見つからない」(30.4%)、「条件の合う求人がなかなか見つからない」(23.1%)、「一から人間関係を築くのが大変」(13.4%)などの意見が寄せられた。現在の仕事に不満を持ち、転職を視野に入れている人は多いものの、転職についてさまざまな不安を抱いているようだ。

 一方、株式会社イーディアスは、2019年3月に卒業・入社予定の全国の大学生の男女487名を対象に「内定先企業の退職予定時期」に関する調査を実施し、その結果を4月1日に発表した。調査期間は3月7日から14日にかけて。

 入社予定の企業について聞くと、60.8%の学生が「辞めることを検討していない」と回答する一方、14.8%の学生が「辞めようと思うが、具体的な時期は分からない」と回答した。また、24.4%の学生が「半年から1年未満」「1年から3年未満」など具体的な退職時期を想定しており、入社3年以内の平均離職率に相当する割合になった。あわせて39.2%の学生が会社を辞めることを意識していた。

 そこで、入社前から辞める意向がある学生に複数選択でその理由を聞くと、「キャリアアップしたいから」(23.6%)、「理想とのギャップ」(15.7%)、「内定先の企業が残業、休日出勤が多い」(14.7%)などが挙げられた。

 退職予定時期ごとに退職を決意した理由を見ていくと、「半年から1年以内」と回答した学生では、「セクハラ、パワハラがあった」「内定後に年末年始の出勤があると知ったため」などがあり、内定承諾後に会社のマイナス面を知ったことが主な原因だった。また、「1年から3年以内」と回答した学生では、「他に夢があるから」など仕事以外にやりたいことを持っていたほか、「3年から10年以内」と回答した学生では、「先輩社員になかなか昇進できず給料が上がらないと言われた」など、同じ会社に在籍し続けることにメリットを感じない傾向があった。

 転職を決める理由はさまざまだが、入社前から転職を視野に入れている学生も一定数存在するようだ。

【関連記事】
転職者が多いのは「営業」「建設・不動産業界」 転職で給料が1割以上増えた人は約3割
今年の目標、若手社員の6割が「貯蓄」、管理職は「資産運用」にも関心
飲食店の人手不足が急速に悪化? アルバイト時給や給与の上昇率は大阪が東京を上回る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5