MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

STOCK POINT、ポイント運用できる投資信託を2つ追加、合計172銘柄に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/22 09:00

 STOCK POINTは、アプリ内でポイント運用できる投資信託銘柄を2銘柄追加。合計172銘柄の取り扱いへ拡大すると発表した。

 STOCK POINTは4月16日、株価連動型ポイント運用サービス「StockPoint」アプリ内でポイント運用できる投資信託銘柄を2銘柄追加し、合計172銘柄の取り扱いへ拡大すると発表した。

 追加するのは、3月から投資信託直販サービス「三菱UFJ国際投信ダイレクト(愛称:mattoco)」をスタートした三菱UFJ国際投信株式会社の投資信託2本。

 投資信託「eMAXIS JPX 日経中小型インデックス」は、東京証券取引所(第一部、第二部、マザーズ、JASDAQ)を主たる市場とする銘柄のうち、いわゆる中小型株に分類される企業で、持続的な企業価値の向上、株主を意識した企業経営を行っている企業で構成される「JPX日経中小型株指数」に連動する投資成果を目指す。

 投資信託「eMAXIS 日経アジア 300 インベスタブル・インデックス」は、日本経済新聞社が算出する株価指数で、アジアの上場企業300社を構成銘柄とする「日経アジア 300 インベスタブル指数(円換算ベース)」に連動する投資成果を目指す。

 「StockPoint」では、全172銘柄の中からポイント投資先を選び、その企業の株価に連動して増減するポイントを楽しむことができるほか、個別株、ETF、REITに関しては1株、1口価格相当以上のStockPointが貯まると、現物へ交換することもできる(現物への交換には、ポイント投資アプリ「StockPoint」のダウンロードと、本人名義の証券口座が必要)。

【関連記事】
「SBIネオモバイル証券」開業、若年層向けにTポイントで株が買える「ネオモバ」スタート
クレディセゾン、「永久不滅ポイント運用サービス」利用者は16万人、運用金額は10億円を突破
「Pontaポイント運用」4月スタート、株式銘柄の値動きに応じてポイントの価値が変動

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5