MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

東急電鉄、5月からスマホを使って券売機で現金引き出し可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/25 09:00

 東急電鉄の駅の券売機で、5月8日からスマートフォンを使ったキャッシュアウトサービスがスタートする。

 横浜銀行、ゆうちょ銀行、GMO ペイメントゲートウェイ、東急電鉄は、世田谷線とこどもの国線を除く、東急線各駅の券売機で銀行預貯金の引き出しができる、キャッシュアウトサービスを5月8日にスタートする。

 利用の際には、横浜銀行の「はまPay」、ゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」のスマホアプリで引き出し金額を指定し、表示されたQRコードを券売機の読み取り機にかざすことで、預貯金を引き出すことができる。

 平日・土日祝日ともに5時30分~23時まで利用ができ、1万円、2万円、3万円の3パターンでの引き出しが可能(1日あたりの引き出し限度額:3万円)。

 このサービスは、横浜銀行と GMO ペイメントゲートウェイが開発した「銀行口座と連動したスマホ決済サービス」の仕組みを活用。駅の券売機におけるキャッシュアウトサービスは、日本初の取り組みとなる。

 今後は、他事業者がこのサービスの仕組みを活用することによる、東急線沿線以外でのサービス提供についても検討を進める。国内には身近に金融機関やATMなどがなく、現金の引き出しに苦労する地域も多く存在することから、駅で現金の受け取りを可能にすることで、地域の利便性向上にもつなげたい考えだ。

 このキャッシュアウトサービスは、東急電鉄の「社内起業家育成制度」の第3号案件で、現在、第1号案件である会員制サテライトシェアオフィス事業「NewWork」、第2号案件の翻訳・ローカライズ事業「YaQcel(ヤクセル)」、第4号案件の街メディア事業「ROADCAST」がサービスを開始している。

【関連記事】
「ゆうちょPay」5月スタート、合計5億円がもらえるキャンペーンを展開
10連休はATMから現金がなくなるかも? 全銀協が「事前に引き出しを」
ポケットチェンジ、あまった外貨を「PASMO」「Suica」にチャージ可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5